ふくらはぎのマッサージで健康に

「ふくらはぎのマッサージが良いって聞くけど、何に良いの?」と具体的に何が良いのか分からないと思います。
そこで美容などの女性に向けての内容だけでなく、整体院として全身への影響についてもご紹介していきます。

ふくらはぎでも、狙う筋肉によっては首に良いのか?腰に良いのか?変わります。

目次

ふくらはぎマッサージの効果

ふくらはぎのマッサージでは、全身に様々な効果があるとされています。その中でも、ふくらはぎのマッサージ効果として有名な物は以下の症状への影響です。

むくみ

むくみはカラダに水分が溜まっている状態です。特に重力で溜まり易いふくらはぎはむくみ易い所です。
ふくらはぎをマッサージするコトで、溜まった水分を流します。

冷え性

冷え性の原因に血流の悪さがあります。筋肉がハリ過ぎると、血管を押しつぶして血流を悪くします。

ふくらはぎをマッサージするコトで、筋肉の緊張をとり血流を良くします。

生理痛

女性器と下半身の筋肉は関係性が強いです。【詳しくは:生理中にマッサージが良い理由

ふくらはぎの特定の部分をほぐすコトで、女性器にかかる負担を減らします。

更年期障害

月経不順や更年期障害は、女性ホルモンの乱れから起こります。

前の生理痛にもある通り、特定の部分をほぐすコトで女性器の緊張を取り除き、ホルモンを整えます。

肩こり・腰痛

全身の繋がりから、ふくらはぎ周りのマッサージで肩こりや腰痛もマシになります。

詳しくは【肩こりのマッサージについて】【腰痛のマッサージについて

便秘

全身の繋がりから、骨盤の中を通る筋肉をほぐします。

骨盤の中にあり、腸に悪影響を与える筋肉を緩めます。その結果。邪魔するものがなくなり便秘が解消されます。
【詳しくは:便秘には腸マッサージ!?

ダイエット

ふくらはぎをマッサージすると血流が改善されます。血流が良いと言うコトは、酸素や栄養素が全身に行き渡ると言うコトです。

脂肪を燃やすのに必要な物を全身に送り、燃えた脂肪を流せる様になるのでダイエット効果も期待できます。

血圧の安定

ふくらはぎは【第二の心臓】と言われる程、血圧や血流に影響を与えます。

ふくらはぎをマッサージするコトで、この血圧・血流の改善に効果があるとされています。

デトックス

むくみや血流の改善で、溜まっていた老廃物をデックスするコトができます。

老廃物も重力で、足裏やふくらはぎに溜まり易い物です。
老廃物が特に溜まるふくらはぎをマッサージするコトでデトックス効果を発揮できます。

思っていたよりも多かったのではないでしょうか?ふくらはぎのマッサージが流行ったのは、この期待できる効果の数が多く実感し易いからです。ではなぜこの様な効果が期待できるのか?

 

ふくらはぎのマッサージが良い理由

ふくらはぎから血流の改善

ふくらはぎのマッサージが流行った1番の理由である【第2の心臓】との考え方です。
血液が循環して人間は生きています。この血液は足で滞り易いんですね。

その理由は、ふくらはぎのコリと重力による血液の下降にあります。

心臓から出た血液が足で滞ると、全身の血流の低下に繋がります。血流が少ないと言うことは、エネルギーも運べず、老廃物も出せない状態です。

 

アナトミートレイン

アナトミートレインとは、筋膜の流れに沿って筋肉同士が影響しあう連鎖のコトです。イメージで良いますと中国医学の経絡(つぼ)の感覚ですね。

足のウラだけでも全身に影響を与えれるのですが、ふくらはぎはよりカラダの真ん中に近いので大きく効果が出やすいです。

では具体的には、ふくらはぎのどこをマッサージすると良いのか?繋がりを元にご紹介します。

ディープフロントライン

女性が固くなりやすい物です。反り腰の人の腰痛や、ストレートネックの方の肩こり・首こりは、このラインをほぐすと負担が減ります。

また途中に子宮などの女性器の近くを通る為、生理不順生理痛、更年期障害にも効果があるとされています。

ふくらはぎはココをマッサージ

ふくらはぎの中でも、後脛骨筋と言う筋肉の影響が大きいです

スネの骨の内側のキワキワを押してください。結構痛いと思うのですが、それが後脛骨筋などのDFLの筋肉になります。
なので、スネの内側のふくらはぎをマッサージしてあげると良いです。

スーパーフィシャルバックライン

首~腰~モモウラ~ふくらはぎ~足裏までの繋がりがあります。前屈(前にかがむ)のが硬い人は、このラインが良くないと言えます。

このラインがほぐれると、背中側の筋肉が全体的に緩みますので、腰痛・首の疲れにも効果が期待できます。

ふくらはぎはココをマッサージ

SBLでは表面の方の筋肉、腓腹筋というTHEふくらはぎの部分をほぐすと良いです。アキレス腱伸ばしとかで伸びる筋肉ですね。

ふくらはぎを全体的に揉む形でも十分です。

マッサージ店を選ぶポイント

ふくらはぎをマッサージ店でほぐすのなら、リフレクソロジー(足裏マッサージ)のコースがあるお店がおすすめです。

ふくらはぎのマッサージは、揉む・押すなどは自分でも簡単に出来ますがオイルで流すのは難しいです。ふくらはぎの疲れを癒すのなら、オイルマッサージの状態で流すリフレクソロジーがおすすめです。


その中で初めてのお店選びで大切なのは、口コミの内容です。しっかりと良いお店か?確認する為に、ホットペッパービューティの口コミなどをご参考下さい。


(当院はホットペッパーに掲載されていません。当院の雰囲気は【西宮近隣でマッサージを受けるなら】をご参考下さい)

ふくらはぎのセルフマッサージ

ふくらはぎのマッサージもたくさんの手技があります。動画を2つご紹介します。

セルフケアでもある程度できる動画となっています。ツボ押しは非常に繊細なところもありますので、慣れない内は慎重に行なう様にしてください。

このオイルマッサージでも使われる、片足だけあぐらになる姿勢はおすすめです。この状態ですと、体重を乗せ易いので手が疲れ辛いです。骨の際に手のひらを当てて、乗っかるようにすると楽に解れます。

【マッサージ】おすすめ記事

マッサージ キャンペーン

阪神西宮でマッサージ

当院は国家資格柔道整復師の院長が、独自の整体やボディケアを行なっています。
【完全予約制】【完全個室】【駅から3分】
おカラダのケアをされたい方は、1度詳細ページをご覧下さい。

ふくらはぎのマッサージ法

今まではお客様向けに揉み返しの対処法をお伝えしました。ココからは同業者の疑問にお応えする形になります。


ふくらはぎのマッサージ注意点

妊娠中か?

妊娠中は脚のマッサージは危険とされています。コレは流産のツボなどが点在しているからです。

【詳しくは:マタニティマッサージの危険

妊娠中は弱め圧で、場所を選んだ方が良いです。

弱いところ

ふくらはぎは敏感なところが多いです。特に指圧で行なう時は、激痛を伴う所も多いです。

骨のキワや、ふくらはぎの真ん中を押す時は力は減に気をつけると良いです。

圧迫法が基本

ふくらはぎはこり固まるよりも、疲れが溜まってハリが出る方が強いです。

揉み解しや拇指圧ではなく、全体的な圧迫法を使うと安全に早く楽にできます。

ふくらはぎのマッサージポイント

癒着を剥がす

ふくらはぎのマッサージ注意点でもある、骨のキワは効果が大きいです。

他にも癒着の起こりやすい、筋肉と筋肉の間をほぐすと良いです。
癒着はくっついている筋肉同士の動きを悪くします。しっかりほぐすコトで楽になりやすいです。

アキレス腱周り

アキレス腱周りは癒着が起こりやすいだけじゃありません。

ケーラー三角と呼ばれる部分があり、ココを何回もポンピング(圧迫)すると足関節の動きが良くなります。
結果的にふくらはぎ・スネの負担が減り、楽になり易いです。

※伝わり易い様にマッサージとの文言を使用しています。しかし按摩指圧師では有りませんので、あくまで慰安の揉み解しと思ってください。

この内容で送信します。よろしいですか?