マタニティマッサージの危険

マッサージ, 整体

妊娠中はカラダの負担も多くなり、マッサージを受けたいと思われる方も多いのではないでしょうか?ですがお腹に大切なお子様が居る以上、本当にマッサージを受けて良いのか?不安では有りませんか?

今回は妊娠中にマッサージは良いのか?そのマタニティマッサージを受けるなら、どういった所が良いのかをご紹介します。

マタニティマッサージを受けて良い場合

当院に限らずマタニティマッサージ・妊娠中の施術を行なう所は【妊娠安定期】【医師の同意】を求めている所が多いです。

早期に起こった流産の原因で最も多いのが赤ちゃん自体の染色体等の異常です。つまり、受精の瞬間に「流産の運命」が決まることがほとんどです。お母さんの妊娠初期の仕事や運動などが原因で流産することは、ほとんどないと言って良いでしょう。【引用:公益社団法人 日本産科婦人科学会

マタニティマッサージを受けても、本当は流産に影響がないとされています。しかし、マタニティマッサージを受けた後に流産してしまうと「マッサージのせいだ」と感情的になられると思います。因果関係がなくても、トラブルの元になる為お断りをしているマッサージ店が多いです。

 

マタニティマッサージ店を選ぶ基準

1番重要になるのは、【マタニティマッサージ・妊婦への施術】になれているかです。マッサージ店のほとんどが妊婦お断りなのはご存知だと思います。

マッサージ店に長く勤めていても、妊婦への施術に慣れていない人が多いです。マタニティマッサージを正式に採用されている店舗を選ぶのが重要になります。

次に妊婦のお身体への理解の深さが大切になります。なぜ妊婦はマッサージを受けれないのか?それは妊娠中に解してはいけない筋肉があるからです。しかし逆に妊娠中だから、解すと楽になる筋肉もあります。その知識・経験を持つ所を選ぶ必要があります。

 

その基準は外部のマタニティマッサージ・産後骨盤矯正の協会に認められているのか?が簡単に選ぶ基準になります。さらに国家資格を持つ人が担当するのか?なども判断基準にされると良いと思います。

 

妊娠中のマッサージ効果

マタイティマッサージを受ける上で、実際にどの様なことまでができるのか?は大切に成ってきます。この妊娠期間中のマッサージは、妊娠何ヶ月かによっても変わります。

全国の方針ではなく、あくまで当院の基準ですがご参考にお使い下さい。

 

妊娠初期(~4ヶ月)

基本的にお断りをしています。医師の同意があり、本人の同意があってもリスクは付いてきます。もちろんご本人が妊娠に気付かず、ボディケア・整体を受けられた場合は回避不可能となりますので施術を行ないます。

仮にマタニティマッサージを受けられる場合は、ほぼ全ての手技を行なえます。ご本人のご希望でしたら、うつ伏せでの施術も大丈夫です。

妊娠安定期(4~8ヶ月)

妊娠安定期の方は医師の同意があれば、マタニティマッサージを受けるのは可能です。お腹が膨らみ始めているので、うつ伏せはNGとさせて頂きます。

ですがご安心下さい。仰向け・横向きの手技も多く習得していますので、他店では難しい背中や肩周りもしっかりほぐせます。

また多くの店舗では、流産に関わるとされている足腰は避ける傾向にあります。妊娠中の肩にも慣れていますので、腰や足のお疲れも当院ではケアさせて頂きます。

 

妊娠末期(8ヶ月~)

コチラも出産を早めてしまう危険がありますので、お断りしています。お車での送り向かいのある方に限り、出産予定日より3週間以上前ならお取りしています。

ただしこの時期は、出産を早めるリスクを避ける為に足腰の施術は弱い強さのみになります。他にも母体に悪影響のある部位への施術は説明の元、お断りさせていただくことになります。

 

妊娠中にマッサージしてはいけない部位

googleなどで調べていただくとたくさん出てくるのですが、当院として危険視しているのはDFLに関わる下半身の筋肉です。具体的には内側の足の筋肉や鼠径部、腰の横側に当たる筋肉です。

残念ながら妊娠中に辛い部位と同じなんですね。コレにも理由がありまして、このDFLは女性器に密接に関わっています。DFLの中の大腰筋と言う物がありまして、コチラが女性器の直ぐ近くにあるので影響を与え易いのです。

逆に言えば、女性器に大きな変調をきたすと硬くなる筋肉の繋がりなのです。

 

なので生理痛や更年期障害の改善にも、この筋肉をほぐすと良いのです。

参考【生理中にマッサージが良い理由

 

マタニティマッサージの注意点

マタニティマッサージでの注意点は、お腹周りや骨盤周りに刺激を与えないコトです。一見大丈夫そうなお尻のマッサージでも、骨盤を動かす危険があります。妊娠中や産後直ぐは骨盤が動き易いです。この様に妊娠中・産後の状態は普段とは違います。

安産のツボと呼ばれる部分も、通常の時とは違う硬さに変わっています。どこの部位でもですが、弱めの刺激から初めて、だんだん強くする形が良いです。

セラピストの方は、妊娠中の妊婦さんの不安も考えるべきです。「本当にマタニティマッサージは良いのか?」「この人にカラダ預けて良いのか?」と言う不安が強くなっています。安心していただける様に振舞ったり、環境を整える様にすると良いです。

どこのチェーンでも、うつ伏せがメインになってくると思います。日頃からマタニティマッサージの基本になる横向きや仰向けの技の数と質を上げておくコトをおすすめします。

 

産後骨盤矯正について

出産の後は開いた骨盤を閉じると良いです。その産後骨盤矯正についてご紹介します。

出産後の骨盤はデリケートです。

 

そして、骨盤の開きをはじめとした
産後独特の症状が出産後の骨盤ケアでは重要ですが、

通常の骨盤矯正と違い
デリケートな骨盤を矯正できる高度な技術

産後独特の症状に対応できる
豊富な知識が求められます。

 

そんな、高度な技術や知識を求められる『産後骨盤矯正』

【引用:ままテン

当院は産後骨盤矯正を専門的に行なっています。産後半年は骨盤矯正の効果がで易い期間になります。この時に骨盤矯正を行なうコトで、その後の体質を良い物にできます。

出産前のマタニティマッサージで、辛いお体の状態を改善し、出産後に開いた骨盤を元に戻して体質改善も行なうコトができます。出産の前後のケアが出来ますので、正しいケアをさせていただけます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧