Original

立ち仕事で腰痛もちは、立ち方をこうすれば良い!?

今日はお客様からのお問い合わせ「腰痛の負担をかけない立ち方・座り方の記事が欲しい」との事で、立ち仕事の人がどう立てば良いのかをお伝えします。次回は座り仕事・普段の座る時の注意点についてまとめます。

 

腰痛の出る立ち方

腰痛予防として立ち仕事中の立ち方は大事です。その前に何をしたら腰痛の原因になるのか?を知ると、自分がそうなっている時に修正できる様になります。そうです、腰痛予防の立ち方よりも、腰痛の原因になる事を減らす事が、腰痛の負担のかけない立ち方なのです。

 

反り腰姿勢の人

腰痛の負担が強い立ち方の1つが反り腰です。元の姿勢による影響が大きいのですが、同じところで静止して立つ人は比較的成り易いです。人間は重力に抵抗して立っているのですが、腰骨と言うのは前に反っています。重力がかかると反っている方向に力が向いてしまう事になりますので、反り腰が強くなっていきます。

対処法

予防としましては腹圧を強める。天然のコルセットをご自分の筋肉で作ることです。腹式呼吸で固める練習を普段から行なうと良いです。また腰痛が出てきた時に、お腹に力を入れるとマシになる可能性もあります。

立つ時の意識を上下方向に体を伸ばすと良いです。うなじを引っ張られているイメージですね。反り腰は腰のアーチが出来過ぎるのが問題です。このアーチを減らすには、身体を伸ばし姿勢を良くするのが手頃です。

 

腰が平らな姿勢の人

中腰姿勢で物を持ち上げると、この姿勢になりやすくなります。この場合は腰の疲れが原因の場合もあります。前述の通り、腰骨は本来前に反っていないといけません。この反りが無いと、関節に負担がかかるので腰痛の原因になっていきます。

 

対処法

腰の反りを作る必要がありますので、腰が痛くなってきたらモモ上げを何回もするとマシになったりします。また腰を曲げる時に、腰から曲げるのではなく股関節を曲げる様にしてください。腰骨は本来そこまで動かない物です。この負担を股関節が担うことで腰の負担を大幅に減らすことができます。腰が平らになる事の予防にもなりますので、普段から意識しましょう。

 

腰痛にならない立ち方

残念ながら、その時やその人によって変わって行きます。普段から正しい動きを身に付ける事で、腰痛の原因になる立ち方にならない様にするといいです。いざ痛みが始まってきたら、本日ご紹介した内容を試してみて下さい。もっと簡単には、腰のストレッチを作業の合間合間をぬって行なったほうが良いです。

 

 

 

西宮で姿勢改善に定評のある整体院

当院は西宮で姿勢を正す事にも定評があります。姿勢が悪くなるのは、普段の生活のクセから来ているのはあなたもご存知のはず。泰楽整体院は「生活を変える整体院」です。あなたの日常動作を無意識に良い物に変える為に運動学習をメインにしています。

運動学習とは脳の疾患などで、身体の動かし方を忘れた方に体を動かせる様に教えるリハビリの手法です。コレを普段の生活で崩れてしまった、日常生活の悪いクセの修正にもちいります。

整形外科で脳の疾患のある人のリハビリを担当してきた院長が姿勢の悪い人の為に開発した方法です。西宮市周辺で姿勢を正す整体院をお探しの方は、是非一度お試し下さい。整体して終わりではない、確かな実績があります。【西宮で姿勢を正すなら泰楽整体院】

院長 藤田 泰仁

院長 藤田 泰仁

阪神西宮駅から4分 泰楽整体院院長 整形外科・鍼灸整骨院で様々な施術経験を積む 【保有資格】 ・国家資格 柔道整復師 ・NESTAJAPAN メンタルフィットネストレーナー ・日本酵素・水素医療美容学会 ファスティングカウンセラー 健康に関する情報を発信し、みなさまの健康のサポートをさせて頂きます


西宮でボディケアなら

阪神西宮駅から3分
当院では、おカラダを癒すボディケアのコースもご準備しています。
「初めてのお店で良いか分からない」と不安な方の為に、初回のみ近隣最安値で受けて頂けます。
ご興味のある方は、画像をクリック。

西宮 おすすめ マッサージ
※伝わり易い様にマッサージとの文言を使用しています。しかし按摩指圧師では有りませんので、あくまで慰安の揉み解しと思ってください。

この内容で送信します。よろしいですか?