Original

便秘に腸マッサージは危険!?

便秘で悩んでいる人も多いと思います。便秘とは通常になら毎日/2日に1回の排便(ウンチ)がある物が、3日以上出ない、場合によっては1週間以上出ない症状を指します。

この便秘が原因で大腸がんや肝臓がんなど大病になる事もあります。様々な症状にも関係していますので、早く改善した方が良いです。

その為に簡単に楽に行なえる方法が、専門家による腸マッサージが便秘には良いです。

目次

便秘3タイプ

便秘別マッサージ法

筋肉阻害型便秘

 

 

便秘3タイプ

便秘には大きく分けて3種類あります。1つ1つ原因が違い、対処法も違いますのでご自身に合ったタイプの物を診て下さい。

内容を見て頂けると分かりますが、ご自身の便秘のタイプを間違えますと対処法が逆効果にもなります。代表的なのが、便秘に良いとされている食物繊維が悪化の原因だったりします。

 

タイプ診断

まずはそれぞれの症状の特徴から、ご自身がどのタイプの便秘なのか?判断してください。

便秘タイプ①

・いきんでも、なかなか出ない ・残便感(出し切ってない感じ)がある ・便が硬い

直腸性便秘



便秘タイプ②

・お腹が張った感じ ・便意が来ない ・食事量が少ない ・運動不足

弛緩性便秘



便秘タイプ③

・ストレスが溜まっている ・便秘と下痢が交互にくる

痙攣(けいれん)性便秘

 

直腸性便秘

直腸と言う腸の出口付近で便が詰まっている場合です。直腸の感覚神経の機能が弱まり、便意が来辛くなっていると言われます。直腸で止まっているので、水分が体内に吸収され硬い便になってしまいます。便が硬いと出し辛くなり、排便時にも力を込めないと出なくなってしまいます。そして、直腸で便が固まり蓋をするので、どんどん溜まっていきます。



対処法

水溶性食物繊維・水分を多く取る事で、便を軟らかくしましょう。逆に便秘に良いとされている食物繊維(不溶性)はNGです。不溶性食物繊維は中で水分を奪い、膨れ上がります。水分が足らない状態から、更に水分を抜くコトになります。しかも便が詰まっているのに、便の量を増やすコトにもなります。

このタイプの便秘の人は、絶対に不溶性食物繊維を多く摂らないで下さい

 

不溶性食物繊維は、俗に言う食物繊維です。ゴボウや葉野菜に多く含まれている物ですね。

一方摂って欲しい水溶性食物繊維は、ワカメなどの海藻類(ネバネバ)やなめこなどのキノコに多く含まれています。

 

弛緩性便秘

消化器は蠕動運動と言って、便や食物を次に動かす運動があります。この運動の力が弱まり、なかなか便が次に進まない便秘がこれです。運動不足や自律神経失調症による腸の動きの悪さが原因です。腸の入り口段階で、動きが止まる/遅くなる ので胃が圧迫され食欲が落ちます。直腸に行くまでに問題が有りますので、便意を感じるセンサーに触れず 便意が無いのも特徴です。



対処法

・運動不足による筋力低下が原因の1つです。身体の上下運動のあるウォーキングの方がサイクリングより効果があります。

・便の量を増やすのも大事です。ところてん方式で出す為に、不溶性食物繊維の多く含んでる根菜・緑黄色野菜を多く取りましょう

・自律神経が乱れて交感神経が優位になると消化器は機能し辛くなります。交感神経・副交感神経のコントロールをしましょう。

【参考:自律神経失調症の原因 ストレスとは?】【参考:自律神経を整える!話題のマインドフルネス 基本となる呼吸法

 

痙攣性便秘

自律神経の乱れにより、腸が痙攣(けいれん)している状態です。ストレスによる自律神経失調症として、交感神経・副交感神経の差が激しいと起こります。若年女性に多い物です。



対処法

腸自体が細くなっていますので、不溶性食物繊維などで便を増やすと激痛を伴う危険があります。水溶性食物繊維・水分を多く取り、動かし易い便にしてあげる事が大切です。また、腸の痙攣を抑える為に腹式呼吸などのリラックスさせる物をすると良いです。

【参考:使い分けると効果絶大!呼吸法3種と改善法

 

便秘別マッサージ法

便秘3タイプによって、施術の仕方が変わります。ここで間違えると原因と違いますので、効果が出ないか悪化させてしまいます。

マッサージで直腸性便秘対処

直腸性の便秘は、腸の出口で便が固まっているのが原因です。水分を含ませる必要が必ずあります。少しでも出やすくする為に、腸や肛門の緊張を取る為に足の内側を解す場合もあります。【参考:DFL 全身を悪くする筋膜連鎖とは (アナトミートレイン)

 

実際の流れは、水分を500ml程飲んで貰う➡足や骨盤周囲を緩める➡腸マッサージ(直腸付近)となります。直ぐに効果の出る物ではなく(便に水分が含まれる時間差)翌日などに大量の便が出る事になります。

 

腸マッサージで弛緩性便秘に対処

弛緩性の便秘は、腸の中で便が動き辛いのが原因です。腸の中の物を動かすお手伝いをする事で、即効性の効果が期待されます。俗に言う腸マッサージで、腸の流れに沿って押したり、流したりします。慣れていない人でも、ご自身でもある程度効果を出せます。熟練の人は、腸の中の便を触知(指先で感じる)出来るので、より的確に効率よく動かす事ができます。

 

マッサージで痙攣性便秘に対処

痙攣性の便秘は、腸の痙攣(けいれん)が原因です。痙攣とは神経に異常があり、筋肉の伸び縮みがおかしくなっている状態です。

消化器の痙攣には、弱くゆっくりとした圧迫法が良いです。押された最初は、苦しい痛みが有ります。数回押している内に痛みも無くなりお腹が楽になって行きます。

この手技は腸マッサージに似ていますが、全く別の物です。素人が行うと余計に腸を過敏にしてしまいます

 

筋肉阻害型便秘

便秘の3タイプは一般に言われている物で、泰楽整体院では違う見方もあります。それが筋肉阻害型便秘です。字のごとく筋肉が腸の邪魔をして、便の動きが悪くなる/詰まる 便秘の事です。

大腰筋による便秘

大腰筋と言う筋肉があります。この筋肉は画像を見て頂いて分かる通り、お腹・骨盤の中を通ります。緩んでいる時は良いのですが、緊張をすると腸を圧迫してしまいます。腸に刺激を与える事で、痙攣性便秘に、腸をせき止める事で直腸性便秘に近い症状をきたします。

この大腰筋は【DFL 全身を悪くする筋膜連鎖とは (アナトミートレイン)】に大きく関与しており、女性に特に多いこり方になります。



施術法

まずは大腰筋を緩める為に圧迫法などを行います。ある程度刺激が入ってから、根本の原因を

改善する為にDFLの改善を行います。

 

マッサージ店で便秘解消?

マッサージ店ではあまりお腹を触りません。その為仮に「お腹を揉んで欲しい」とオーダーしても断られるか、慣れない手つきで行なわれる危険が高いです。ココまでお伝えした通り、便秘のタイプによっては腸マッサージなどのマッサージが向かないケースもあります。それどころか悪化してしまう危険もあります。

エステ店などお腹を触るのに慣れている所や、腸マッサージ・便秘解消をうたっている所に行くと比較的安全にマッサージを受けれると思います。

初めてのサロン選びには、口コミの確認が必須です。最大手のホットペッパーさんなどをお使い下さい。


口コミ マッサージ

 

 

まとめ

便秘で悩む人が最近では増えてきました。ストレスや運動不足が進行している現代社会で、なおかつ食生活や生活習慣の乱れもあります。便秘は軽い症状と甘く見ない方が良いです。冒頭にもある通り、大きな病気の原因にもなります。

自然に便秘を改善したい方は、整体を試すのも1つ手として良いと思います。体質から改善して、便秘だけでなく全身の健康を手に入れましょう。

 

おすすめコンテンツ

足裏マッサージ舐めてませんか?

頭皮・ヘッドマッサージがカラダに良い理由

生理中にマッサージが良い理由

マッサージで揉み返し?好転反応?

マタニティマッサージの危険性

 

便秘へのマッサージ法

ココまではお客様向けの内容になっていました。ココからは同業者の方が、どうやって便秘へのマッサージをすれば良いのか?をお伝えしていきます。

 

お腹のマッサージ

お腹のマッサージ技術は、腸マッサージだけでなく内臓マニュピュレーションなど様々あります。どのお腹のマッサージをするにしても、腹膜・腹筋の存在があります。

お腹のマッサージの表面は筋肉、その次が腹膜です。コレらを扱えないと内臓には届きません。

まずはお腹の硬さの個人差を知るコトが必要になってきます。周りのスタッフ何人かのお腹を触らせて頂いて、1人1人の違いに気付ける様にしてください。

 

腸マッサージ

腸マッサージでは最初に腹膜の緊張を取ります。お腹に手を当てて、少し押し込んだ所で左右・上下にスライドさせます。

数回行なうと軟らかくなってきますので、全体が同じ硬さになるまで続けて下さい。

 

腸のマッサージでは、腸の流れにそって施術を行なっていきます。

 

①お腹の中心を揉む

お腹の真ん中、おへその近くは小腸があります。まずはこの小腸全体を軽く動かす様に、お腹の中心を様々な方向から押します。

 

②上行結腸

右の骨盤の骨の出っ張りの直ぐ中側を押します。そのまま真上に肋骨の手前まで、押していきます。オイルなら流す形でも大丈夫です。

 

③横行結腸

そのまま左に押していきます。ココで気をつけるのは、みぞおち部分にある胃は押さないコトです。上行結腸のから真横に押していくと、本来は大丈夫なのですが胃下垂などで降りてきているコトもあります。

横行結腸を押していく時は、下にズラしながら押していくと良いです。

 

④下行結腸

左の肋骨近くから、真下に進んでいきます。便秘がヒドイ人は、深く押すと便の感触が分かります。

 

⑤繰り返し

この流れを数回繰り返していきます。なぜ1回じゃないのか?ですが、腸は腹腔臓器なので特定の所にありません。ピンポイントで押せない分場所を変えながら数回行なった方が確実です。

それと便自体が押されたらそのまま動く物でもないからです。何回も押して、少しづつ肛門に近づけてあげる必要があります。

 

便秘のマッサージ注意点

便秘で腸マッサージを希望されていても、必要なければ断るのも大切です。上記の便秘3タイプの通り、腸マッサージをすると悪化する物もあります。その方の便秘は腸マッサージすべきか?を毎回考えながら行なうようにしましょう。

内臓を触る手技は、失敗すると大事になります。腸マッサージでは腸炎・腸イレウスや、腸の痙攣などにも繋がります。

他の手技以上に、スタッフなどで練習を重ねてからお客様に提供する様にしましょう。

院長 藤田 泰仁

院長 藤田 泰仁

阪神西宮駅から4分 泰楽整体院院長 整形外科・鍼灸整骨院で様々な施術経験を積む 【保有資格】 ・国家資格 柔道整復師 ・NESTAJAPAN メンタルフィットネストレーナー ・日本酵素・水素医療美容学会 ファスティングカウンセラー 健康に関する情報を発信し、みなさまの健康のサポートをさせて頂きます

聞いてみたいことありませんか?

泰楽整体院 院長に聞いてみたいコトは有りませんか?

「〇〇の時はどうすれば良い?」などお応えできるコトはお応えさせて頂きます。

症例別ページ

おすすめ記事

※伝わり易い様にマッサージとの文言を使用しています。しかし按摩指圧師では有りませんので、あくまで慰安の揉み解しと思ってください。

この内容で送信します。よろしいですか?