緊張型頭痛はコーヒーで悪化!?片頭痛は?

頭痛にコーヒーが良いと効きました
むしろ悪化する頭痛もありますので要注意です

コーヒーと頭痛の関係

片頭痛の特効薬として、コーヒーがおすすめできます。ただし副作用などの注意点があります。
何より間違え易い緊張型頭痛だった場合は、むしろ悪化するコトもあります。

頭痛が治まる仕組み

コーヒーにはカフェインが多く含まますカフェインは血管を収縮(血管を細く)させる作用が有ります。片頭痛などの血管拡張性の頭痛は、カフェインの作用で血管を収縮させると楽になります。
ただし、緊張型頭痛の様に血流を良くしたい場合は逆効果になるコトもあります。

「ズキズキ」する片頭痛なら、コーヒー ○
「ズーン」と来る緊張型頭痛なら、コーヒー ×

自分の頭痛に合わせて、コーヒーを活用しましょう。頭痛の種類は以下を参照して下さい。

副作用はどんな物ですか?

カフェインには要注意

カフェインは中毒性が高いです。毎日3杯以上のコーヒーを飲む人は、カフェイン中毒になるかも知れません。カフェイン中毒の人は、カフェインを飲まないとカフェイン離脱頭痛という激しい頭痛を起こすコトになります。

この症状は100mgのカフェインの摂取で1時間後に治まります。
しかし、アルコール中毒と同じで一時しのぎ・悪化させる対応方法になります。
辛くても、カフェインの摂取を抑えなければ良くなりません。

カフェイン中毒は死者も出ていますので、エナジードリンクを飲む人は特に気をつけて下さい。

カフェインの多い飲み物

玉露>コーヒー>ココア>栄養ドリンク>抹茶>コーラ>紅茶>緑茶>ほうじ茶>ウーロン茶・・・
【参考元:何でもない、調べもの。

お茶系・コーヒー・ココア・栄養ドリンク・コーラは、毎日飲むとカフェイン中毒の可能性が出てきます。

他に頭痛に関係する飲み物はありますか?
アルコールは危険ですね

頭痛にアルコール

アルコールは一時的に血流を良くします。肩こりが原因の緊張型頭痛はマシになるコトもあります。
ただし、血管拡張性である片頭痛では急激に悪化を起こします。
またアルコールの処理が間に合わない(二日酔い)で起こる頭痛も気にするべきです。

アルコールは適量で

緊張型頭痛に良くても、アルコールは飲み過ぎてはいけません。アルコールは肝臓に負担があり、肝臓が疲れると右肩がこってしまいます。
結果として、肩こりから来る緊張型頭痛のキッカケになってしまいます。

アルコールもカフェインも一時しのぎです

頭痛を再発させない為には

頭痛薬にしても、カフェインやアルコールにしても対症療法なので再発します。むしろ誤魔化していた分、少しずつ悪化するコトすらあります。
根本的に良くするには、専門家の元で治療を受けるべきです。以下のリンクを参考にして下さい。




頭痛にお悩みの阪神西宮駅に来れる【大阪~神戸にお住まいの方】

泰楽(やすらぐ)整体院は、阪神西宮駅から徒歩4分にある頭痛に詳しい整体院です。

姿勢などの骨格だけでなく、動きを専門的に直すMFアプローチで頭痛にアプローチします。

詳しくは【下の画像】をクリックして詳細をご確認ください。

阪神西宮 頭痛 整体


頭痛に整体がおすすめな理由  緊張型頭痛とは

関連記事

  1. 死にたく無ければ首の整体には要注意!!

  2. 五十肩はマッサージ屋で治る?

  3. 緊張型頭痛・肩こりにデパスは良いのか?

  4. 緊張型頭痛は冷やす?暖める?

  5. 緊張型頭痛・めまい・吐き気を改善するには

  6. 緊張型頭痛で選ぶイブの種類と特徴

Facebook

最近の記事 おすすめ記事
  1. 食生活
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP