緊張型頭痛おすすめ市販薬

頭痛薬ってどれが良いのですか?
市販されている頭痛薬の特徴をご紹介しますね
その前に緊張型頭痛における頭痛薬の考え方です

頭痛薬の考え方

緊張型頭痛の治療には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が有用とされています。また、予防薬として、①三環系抗うつ剤 ②抗不安薬 ③筋弛緩薬 の処方により、不安やストレスを軽減させ、筋肉の緊張を緩和させます。
しかしながら、NSAIDsの慢性的使用による誘発性頭痛の問題があったり、本質的には、患者様の気質・体質に起因することが大きく、これらを改善していくことが根本治療の早道であるとも考えられております。

【引用:浦安サンクリニック

上記に有るとおり、お薬に慢性的に頼るとお身体に悪いです。根本を改善するには、肩こり自体を治す必要があります。

緊張型頭痛の市販薬

緊張型頭痛の薬は、片頭痛などの他の頭痛にも有効な【鎮痛・消炎の物】【自律神経に作用する物】【筋肉を緩める物】があります。
ここでは他の頭痛にも使える物を特長別にご紹介していきます。

アスピリン系頭痛薬

古くから使われている鎮痛剤の成分で、即効性と持続性に優れています「頭痛にバファリン」と聞きなれたお薬ですね。

 アセトアミノフェン系頭痛薬

最も副作用が少ないもので、子供が飲んでも安心です。

イブプロフェン系頭痛薬

副作用も少なく、比較的持続性も高いです。

イブシリーズも種類があります。ご自身に合う物を選んでください。

ロキソプロフェン系頭痛薬

市販薬の中では最も炎症を抑える効果が高いと言われています。比較的即効性も高いのですが、持続性はあまりありません。

ロキソニンも3種類有名な物があります。おカラダに合わせてお選びください。

画像クリックでamazonに飛びます

 

緊張型頭痛の漢方薬

漢方薬は西洋医学のお薬に比べて副作用が少ないとされています。慣れない方には抵抗がありますが、緊張型頭痛に合う漢方薬もあります。

葛根湯(カッコントウ)

葛根湯は風邪薬としての効能の他に、筋肉の緊張やコリを解消する作用もあります。副作用として胃腸に負担がかかります。なので、ある程度の体力があり胃腸に問題がない方におすすめの漢方薬となります。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

【生理痛】【冷え性】【緊張型頭痛】【片頭痛】【ムクミ】【貧血】への効果が期待できますので、女性におすすめの漢方薬になります。

釣藤散(チョウトウサン)

高血圧の方は片頭痛も起こしやすくなります。ストレスを抱えている人や高血圧の人に良い漢方薬です。

柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)

葛根湯に似ていますが、長引く風邪による頭痛、腹痛、吐き気などの消化器の症状に対してはコチラが向いているそうです。

桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガン)

滞った血の流れを良くする

滞った血の流れをよくする作用があります。緊張型頭痛に限らず、女性に特徴的な生理不順や冷え性にも良い漢方薬です。

薬は根本治療ではない?

薬は対症療法の意味合いが強くなります。つまり直ぐに楽になるけど、再発を繰り返す可能性が高いです。
特に緊張型頭痛の場合は、肩こり・首こりなどの筋肉が原因なので薬では難しいです。
頭痛を繰り返さない様にするには、姿勢の改善や動きの改善をしなければいけません。

とは言え、いざと言う時の為に常備するコトをおすすめします

緊張型頭痛に困ったら

まずは頭痛外来などの、頭痛に詳しい病院にご相談ください。市販薬と違い、あなたに合うお薬を処方されるはずです。
頭痛外来に通っても良くならない方は、整体をお試しください。

緊張型頭痛は、肩こり・首こりが原因です。この首こり肩こりをしない体質にするのが、整体院の役目です。病院での治療で良くならなかった場合は、違うアプローチ 整体が必要かも知れません。




頭痛にお悩みの阪神西宮駅に来れる【大阪~神戸にお住まいの方】

泰楽(やすらぐ)整体院は、阪神西宮駅から徒歩4分にある頭痛に詳しい整体院です。

姿勢などの骨格だけでなく、動きを専門的に直すMFアプローチで頭痛にアプローチします。

詳しくは【下の画像】をクリックして詳細をご確認ください。

阪神西宮 頭痛 整体


頭痛に整体がおすすめな理由  緊張型頭痛とは

関連記事

  1. 西宮 頭痛 バナー

    頭痛は何科の病院に行けば良い?

  2. 緊張型頭痛・めまい・吐き気を改善するには

  3. 緊張型頭痛で選ぶイブの種類と特徴

  4. 五十肩はマッサージ屋で治る?

  5. 緊張型頭痛は冷やす?暖める?

  6. 死にたく無ければ首の整体には要注意!!

Facebook

最近の記事 おすすめ記事
  1. 食生活
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP