頭痛

緊張型頭痛は何科の病院に行けば良い?片頭痛や郡発性頭痛は?

緊張型頭痛・片頭痛・郡発性頭痛など慢性的な頭痛は良く聞きますが、どこにいけば良いのか知っていますか?

頭痛に困った時にどんな病院にいけば良いのか?ご紹介します。

病院の何科?

病院にある何科と言うのは、正式には診療科と言います。

診療科(しんりょうか)とは、病院や診療所などにおける医療においての診療の専門分野区分のこと。【診療科

医師免許はありますが、【整形外科医師】や【内科医師】などは資格としてはありません。各協会から専門医として認められる条件を満たした人が名乗れる様になっています。この為町中にあるクリニックと言う所は、整形外科医でも風邪などの内科も診ます。

慢性頭痛は何科?

※急にきた頭痛の場合は、脳卒中などの急性の物もありえます。その場合は、救急車を呼びましょう。

かかりつけの内科

あなたのお身体を良く知っているのは、かかりつけのお医者さんです。今までの病歴から、頭痛の原因を特定できる場合もあります。お身体の中の問題は、最初にかかりつけの内科に行くのが良いです。

頭痛外来

頭痛を専門としている病院です。専門的にされているので、優先順位が高いと思います。「偏頭痛だと思ったら、緊張型頭痛でした」などを見つけ易いのもメリットです。

神経内科

脳・脊髄・末梢神経の問題の解決が専門です。後述の脳神経外科とは違い、物理的な問題よりは神経伝達などの科学的な問題に強い所です。頭痛だけでなくしびれ、めまい、吐き気がある時は、神経内科が良いかと思います。

ペインクリニック

慢性的な痛みの専門病院です。神経内科との違いは、ヘルニア・坐骨神経痛などの外科的な問題に対応している点です。その分、脳などの中枢神経は神経内科の方が専門ともいえます。

脳神経外科

脳卒中などの緊急を要する物や、頭の中で物理的に問題になっている物が専門になります。脳の問題を疑うのなら、脳神経外科に行くのがもっとも良いと思います。

心療内科

精神科と混ざってしまいますが、心療内科はストレスなどから内科的な問題が起こった際の専門家なのです。
片頭痛も緊張型頭痛も、ストレスが原因でも起こる慢性頭痛です。内科・外科系の診療科でダメなら試す価値はあります。

原則的にかかりつけ医(内科)が一番最初に行くべきです。そこが何科でもです。
そこで改善が見られなかったら、頭痛外来にいく事をおすすめします。

※心療内科・精神科は、そもそも心に問題がある人のみ視野に入れて下さい。

参考【頭痛ONLINE

頭痛は整体院がおすすめ?

病院ではなかなか診れない部分を整体院は専門にしています。その問題と言うのは、骨格のズレなどです。
各頭痛で骨格のズレなど、整体院の専門分野はこの様に影響を与えています。

片頭痛・偏頭痛

自律神経・血流が片頭痛治療では大切になります。背骨の位置が悪いと自律神経に問題を起こします。

骨格のズレが原因で手足の血流が悪くなり、片頭痛のリスクになるケースもあります。
この両方に骨格から整体院はアプローチします。

緊張型頭痛

姿勢の悪さなどからも、肩こりや首こりは起こります。
姿勢矯正を始め、肩こり・首こりの原因になる問題にアプローチします。

肩こりからくる【緊張型頭痛】めまいや吐き気も出るメカニズムとは肩こりから来る緊張型頭痛は、めまいや吐き気も起こします。そんな緊張型頭痛の改善方法も含めて対処法をお伝えします。...

群発性頭痛

頭の骨がズレて群発性頭痛を起こすケースがあります。
その場合はオステオパシーなどの整体手技が有効です。

病院・整体院の選び方

病院にしても整体院にしても、対応する範囲が広すぎるのですべてを満足に診れる訳ではありません。だから以下のポイントを元に良い所を見つけてください。

  1. ホームページに3つの頭痛について記述がある
    →別の頭痛も片頭痛だと誤診される可能性が低くなる
  2. 頭痛に関して詳細を公開している
  3. 整体院の場合、国家資格を所持している(必須条件)
  4. 口コミ操作がされ辛いgoogleMAPで良い口コミが集まっている

初めての所の場合は、以上の点から近さではなく治せる場所を選んで下さい。

緊張型頭痛を食べ物で予防 緊張型頭痛に良い食べ物(栄養素) マグネシウム マグネシウムは血圧・体温を安定させる作用があります。更に脂質代謝の改善も行われる...

 

病院何科に行けば分からない

頭痛以外にも病院で「何科に行けば良いのか分からない」と言う事もあると思いますので、追加で各診療科が何を専門にしているのか?を簡単にご紹介します。

参考【症状・診療科ガイド

内科系・・・内臓に関する症状

消化器科

胃や腸や肝臓などの食べ物を消化・吸収する内臓に関する症状が専門です。

「胃がムカムカする」「お腹が張った感じがする」「便秘や下痢」

呼吸器科

主に肺に関わる呼吸に関する症状が専門です。

「息がし辛い」「咳が止まらない」

循環器科

主に心臓に関わる血流・心臓に関する症状が専門です。

「胸が苦しい」「動悸がする」「立ちくらみをよくする」

泌尿器科

腎臓や膀胱、尿道に関する症状が専門です。

「背中が痛い・重だるい」「トイレが近い」「男性器が痛む」

小児科

お子様(中学生まで)の内科領域はこの小児科になります。

専門科

耳鼻咽喉科

耳・鼻・ノドに関する症状が専門です。個人的には風も内科よりも耳鼻咽喉科の方が良いと感じています。

「耳鳴りがする」「めまいがひどい」「声が枯れている」「鼻が詰まっている」

眼科

目に関する症状が専門となります。

「目が霞む」「視力が落ちてきた」「視界の一部が見えない」

皮膚科

肌・皮膚に関する症状が専門になります。

「イボを取りたい」「肌がかゆい」「肌が荒れてきている」「巻爪」

産婦人科

細かく言うと、産科と婦人科を合わせた物です。出産に関する物や女性特有の症状が専門になります。

「生理痛がひどい」「妊娠したかも」「更年期障害かも」

外科系・・・ケガや手術を要する物

外科

町医者ではあまりありませんが、手術が専門です。

整形外科

骨や筋肉などの運動器に関する病気・ケガが専門です。

「捻挫した」「骨折してるかもしれない」「手足が痺れる」

診療科は細かく見ると膨大な種類があります。

病院選びの際は、以上の診療科で検索した後にホームページに記載されている内容がご自身の症状に合うか?で判断される事をおすすめします。

なぜ診療科が細かいのか?

医師はすべての症状・病気を見ることができます。その最低限の情報は頭に入っています。

ですが逆に言うと、最低限の情報しか入っていません。すべての病気・症状を把握するのは、人生をかけても不可能な程膨大です。

だからそれぞれが専門性を持ち、それぞれの得意分野に特化できる様にしています。それが診療科の本来の形です。

医師はすべての症状・病気を診れます。なので一番良い診療科に行かなくても、適切な診療科・病院の紹介はして頂けます。

あなたの症状に取って適切な診療科を確認することができるメリットはあります。

 

緊張型頭痛おすすめ市販薬 頭痛薬の考え方 緊張型頭痛の治療には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が有用とされています。また、予防薬として、①三環系抗う...
【阪神西宮】頭痛を改善したいなら

阪神西宮駅近くの泰楽(やすらぐ)整体院

阪神西宮 頭痛