筋肉痛の時はマッサージ店に行くべき?

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”6.png” name=””]筋肉痛がヒドイんです [/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”5.png” name=””]筋肉痛の時は、マッサージ店に行くのもおすすめです [/speech_bubble]

筋肉痛はどんな状態?

世間一般に言う筋肉痛=遅発性筋肉痛についてご紹介します。運動などで筋肉を使いすぎると、翌日や数時間後・2日後に筋肉が痛くなる現象のコトです。

「筋肉痛が2日後に来るのは年を取ったから」とよく聞きます。しかしデータ上は、若くても起こっていますのであまり関係ないです。諸説ありますが、ハッキリした理論はまだないです。

筋肉痛の状態自体が、まだ諸説あり確定していません。考えられる状態は、この3つ

筋繊維・筋膜の損傷

筋肉を微細に痛めていると言う説です。筋繊維・筋膜の損傷から炎症が起こる為に、痛みが発生していると言う物です。
一番多く言われていますが、私個人は否定的に見ています。(理由は後ほど)

代謝産物が溜まっている

代謝産物(疲労物質など)が溜まっているから起こるとする説です。代謝産物が増えると痛みを感じ易くする成分が出てきます。
また酸素がなくなった為に、酸欠を起こして痛みが出ていると言う説もあります。

神経の緊張

筋肉の緊張が強くなっているとする説です。使い過ぎた筋肉は、緊張したままになるコトがあります。
筋肉が緊張し、少し動かしただけでストレッチと同じ痛みを感じる物です。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”5.png” name=””]実際はどれか?ではなく、どれも少しずつあるのではないかと思います [/speech_bubble]

 

筋肉痛の対処法

筋肉痛の対処法は、主に血流の改善を行なう物が多いです。これから、私自身が実感している筋肉痛の治し方のみお伝えします。

お風呂などで温める

カラダを暖めると全身の血流が良くなります。その結果、疲労物質などが流されて改善されるとされています。

交代浴と呼ばれる、【温める・冷やす】を繰り返すお風呂の入り方もおすすめです。温泉などで水風呂があれば、温泉に10分・水風呂に3分を繰り返し2セット行なうと良いです。
※心臓が悪い方は、絶対にしないでください。

軽い運動をする

カラダを動かすと血流が良くなります。積極的休息と言い、疲労回復なども軽い運動をした方が良いです。
足の筋肉痛なら、散歩などがおすすめです。他にもラジオ体操などの全身運動も良いです。

マッサージ・ストレッチをする

血流の改善や、筋肉の緊張を緩めるのに効果が期待できるマッサージとストレッチです。
お店によって基本となる手技が違いますので、お店選びは大切です。

筋肉痛でマッサージ屋に行くなら

筋肉痛の場合は、スポーツマッサージやタイ古式マッサージの様な物がおすすめです。一般的なもみほぐしは、血流改善よりもコリの解消を目的にしています。
筋肉痛をマシにしたい場合は、血流改善に向いている【震わせる】【押す】系統のマッサージ屋を選びましょう。
[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”5.png” name=””]ホームページを見ると、手技の特徴が書いている所もあります [/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”6.png” name=””]マッサージ屋さんに行ったら、筋肉痛になった人が居ましたけど [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”5.png” name=””]それは恐らく、もみかえしですね [/speech_bubble]

マッサージで筋肉痛?

マッサージを受けた翌日に、「筋肉痛の様な痛み」を感じられる方がいます。これは、もみかえしと呼ばれる物で必ずしも悪い訳ではありません。
むしろ、「もみかえしが無ければ意味が無い」と言う人も居るくらい必要とされる場合もあります。
詳しくは別ページでご案内します。

PAGE TOP