Original

緊張型頭痛、めまい、吐き気を改善するには

「肩こりが酷くなると頭痛がする」それは緊張型頭痛と言い、偏頭痛とは全く違う物になります。違う疾患だから対処法も解消法も違います。

緊張型頭痛による症状の対処法や改善方法を学ぶと、今の辛い生活を楽に過ごせる様になります。また緊張型頭痛の中にも、吐き気を伴う物・めまいを伴う物と様々な分かれ方もしています。

目次

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛の治療

肩こりから診る緊張型頭痛

緊張型頭痛+めまい

緊張型頭痛+吐き気

緊張型頭痛・めまい・吐き気 改善法

 

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛は、頭痛の最も一般的なタイプで約90%を占めていると言われます。人口の約3%は慢性的な緊張性頭痛を持っているとされます。肩こりから来る頭痛として広く認識されている頭痛の形です。慢性の頭痛にも、緊張型頭痛の他に群発性頭痛・片頭痛などがあります。これらと症状を見比べて、ご自身がどの慢性頭痛なのか確認する事をおすすめします。

更に詳しくは【緊張型頭痛とは

緊張型頭痛の症状

頭の周りを締めつけられるような鈍い痛み数分間~数ヶ月間続きます。肩こり首こり、めまい、ふらつき、吐き気、全身のだるさなどを伴うこともあります。

最大の特徴は、この発症期間の長さです。他の慢性頭痛である群発性頭痛・片頭痛は、ある程度の期間が決まっています。もう1つの特徴は、痛みの走り方です。

片頭痛と群発性頭痛は、拍動性頭痛なので「ズキズキ」と鼓動を打つような痛み方をします。緊張型頭痛の痛み方は、「ズーン」とくる鈍い痛みです。重だるいと感じる人もいます。

 

参考【後頭部・こめかみ 頭痛の場所別解消法

緊張型頭痛の合併症状

緊張型頭痛に伴う【吐き気】【めまい】も多く確認されています。

気を付けないといけないのは他の頭痛との鑑別(見分ける事)です。「ただの片頭痛」と油断していると脳に大きな問題がある時もあります。その危険があるからこそ、一度は病院にて医師の診察を受ける事をオススメします。

 

参考:【緊張型頭痛は何科の病院に行けば良い?

 

緊張型頭痛の原因

メカニズムは肩こり・首こりによる血流悪化 ➡ 代謝産物(プロスタグランジンなど)による 痛みです。その為に良く言われる原因は3つに分かれます。

 

運動不足

運動不足によって筋肉を動かす事が減っていると筋肉は硬くなります。筋肉が硬くなり、血流が悪くなると緊張型頭痛を起こします。

また運動不足で筋肉が硬くなるだけではありません。筋肉の緊張状態と言い、常に力が入っている状態になることもあります。

この場合は、代謝産物が肩にたまり、肩こりの原因にも繋がります。緊張型頭痛の解消法として、肩を動かす軽い運動をすると良いです。

 

僧帽筋のストレッチで緊張型頭痛改善!?

僧房筋から来る 頭痛・肩こり解消法

緊張型頭痛を解消するマッサージ法

 


デスクワーク

デスクワーカーは、同じ姿勢で作業を長時間続けています。長時間動かないと筋肉も硬くなり、血流が悪くなってしまいます。デスクワークをする方には、猫背姿勢の方が多くみられます。同じ姿勢をとり続ける人で肩こりがある場合は、姿勢の改善を考えるのも大事なことになります。

 

姿勢を正すと全身に効果が!?

姿勢改善ストレッチで、キレイな姿勢に

腰痛をマシにする座り方

 


ストレス

ストレスによっても全身の筋肉は緊張します。また血流の調整を行っているのも、自立神経の働きですから更に悪化させてしまいます。現代人はストレスが昔に比べてかなり多くなっています。SNSや携帯電話による拘束時間の延長・電子機器による電磁波ストレス・環境汚染によるストレス数え出したらきりがありません。日頃からストレスのケアを行ないましょう。

自律神経失調症の原因 ストレスとは?

自律神経を整える!話題のマインドフルネス

喜ぶ女性

 

緊張型頭痛の治療

緊張型頭痛を病院で治療する際に多いのは、「肩こりを治す為に運動するように」と伝えられ痛み止めの薬を貰うのが一般的です。もう少し踏み込んだ病院では、筋弛緩剤や抗不安薬が処方される場合もあります。

 

病院・お医者様を悪く言う訳ではありませんが、対症療法的な部分が大きいんですよね。症状を抑えるだけで、原因を改善しない。緊張型頭痛はそのせいで、なかなか治らない頭痛になってしまっています。

 

緊張型頭痛の治療じゃない!?

ここで視点の違いに成りますが、「緊張型頭痛を治す」のではなく原因である「肩こりを改善する」のが重要になります。

即効性では「緊張型頭痛を治す」考えで頭痛薬を使うのは良いです。ただし今後の事を考えて同時進行で【肩こりの改善】は必要になってきます。

頭痛のことは1度忘れて、肩こりの改善を考えるのが大事なのです。

 

肩こりから診る緊張型頭痛

血流が悪い

緊張型頭痛は、首から肩、背中にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなったからと言われています。
血流が悪くなると、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物がたまります。この老廃物を出すためにプロスタグランジンと言う物が出てきます

プロスタグランジン自体は血流を良くする成分なのですが、副作用として痛みを感じ易くしてしまいます。

血流が悪くなった時の痛みは化学物質による痛みです。化学物質刺激の物は、鈍い重たい痛みズーンと来る痛み方です。

では、緊張型頭痛はそうでしょうか?ズキズキとしてる方も多いのではないでしょうか?このズキズキする痛みは、神経圧迫やストレッチ痛などの物理刺激の特徴です。

 

めまいに関しては、脳への血流が低下する事による自律神経失調症の症状として認識されています。

 

ストレッチ痛

緊張型頭痛で確認されている合併症は肩こり。肩こりは肩の筋肉が硬くなっている状態の事ですので、筋肉が硬くなり頭の筋膜や腱を引っ張り痛みが出てると言えます。

これなら、肩コリの酷さが頭痛の酷さと関係してる理由にもなります。

肩こりによる代謝産物を無くすのか?肩こりによるストレッチ痛を取るのか?のアプローチの仕方が変わります。肩こりの原因となるのは、姿勢などの間違えた動き。筋膜連鎖など様々な要因でも負担になります。

 

緊張型頭痛になる肩の周りの筋肉

僧帽筋(肩の上側の筋肉)

僧帽筋上部繊維 頭痛の原因

緊張型頭痛で最も言われる肩の筋肉です。大きい筋肉ですので、血流が落ちると代謝産物の量も多くなります。後頭骨に付いている為に、硬くなると後頭部にストレッチ痛を出す筋肉でもあります。

 


頚部伸筋(首の後ろ側の筋肉)

頚部伸筋 頭痛の原因

次によく見られる首の筋肉です。ストレートネックなどで負担がかかり易く、頚椎(首の骨)に沿ってありますので首の動きに大きく関係します。後頭部のストレッチ痛や眼の疲れにも関係します。


胸鎖乳突筋(首の前側の筋肉)

胸鎖乳突筋 頭痛・めまいの原因

首の前側にあり、頭の横側にある側頭骨と胸郭(肋骨で作られるカゴ)と鎖骨に付きます。1次原因として、頭の横側のストレッチ痛・2次原因として、めまい・吐き気・頭痛などの内耳関係への影響もあります。この1次原因は側頭骨のズレによる耳の穴・内耳のズレです。

 

緊張型頭痛+めまい

緊張型頭痛+めまいになる理由

胸鎖乳突筋は、側頭骨という頭の横側の骨と繋がっています。この骨には、耳の穴も含まれます。胸鎖乳突筋が硬くなると、側頭骨を前に引っ張ってしまいます。

その結果として、耳の穴の位置がズレますので、中にある三半規管などのバランス感覚を取っている器官(センサー)に誤差がうまれます。

その結果、身体は真っ直ぐなのに「身体は斜めになってる」と脳に指令が行ってめまいや吐き気になります。

側頭骨

緊張型頭痛+めまいの改善方法

この場合に問題になっているのは、側頭骨の位置がずれている事です。病院のお医者様には笑われますが、頭の骨も動かすことができます。(オステオパシーと言う治療体系の手技)

この側頭骨を微調整することで内耳の負担が減り、バランス感覚への問題が解消される期待があります。

緊張型頭痛は直接関係しませんが、原因が同じところにあります。側頭骨をズラす・横側の頭痛(こめかみ付近)を起こす原因は、首の横側の筋肉の硬さにあります。上にある胸鎖乳突筋です。この筋肉の改善が、最も重要になります。

 

 

緊張型頭痛+吐き気

緊張型頭痛+吐き気の原因

吐き気の場合も、【緊張型頭痛+めまい】 と同じく、胸鎖乳突筋の作用で側頭骨がズレるのが原因の1つになります。ただし吐き気の場合は、もう1つ気にしないといけない事があります。自律神経の乱れです。緊張型頭痛+めまいでも考えるべきですが、吐き気ほどの症状が出る場合は自律神経の関与している率が高くなります。

 

 

緊張型頭痛+吐き気の改善方法

基本的には緊張型頭痛+めまいの改善方法と同じ事をします。それに加えて、自律神経への作用が強い首の筋肉を解します。その後で首の関節を動かしたり、後頭骨(頭の後ろ)周辺の動きを作ります。ただし自律神経に関しては、普段の生活が大きく影響しています。食生活の見直しや、ストレスの管理を徹底すると良いです。

 

食生活で最も気にしないといけないのは高GI食品です。GI値と言うのは、血糖値の上がり易さだと思って頂いて問題ありません。急激に血糖値が高くなると、インスリンと言うホルモンの力で急激に血糖値を下げます。それに合わせて自律神経も興奮・沈静を繰り返すので負担が大きいのです。

高GI食品については

低GI食品 一覧

低GI食品 お菓子一覧

 

肩こりにマッサージは無意味

肩こりになったら、近くのマッサージ屋さんに行く人も多いのでは無いでしょうか?それで肩こりは治りますか?なんで肩こりに成る人とならない人がいるのか?「肩を使っている度合い?」と思われますが、それなら一番使っているスポーツ選手は肩こりが酷く緊張型頭痛にもなっているはずです。

 

肩こりの原因

肩こりの原因で一番大きいのは、筋肉の動かし方のクセです。その延長に姿勢の問題もあり、緊張型頭痛の原因にもなります。肩を動かす時に肩甲骨がかなり動くのは、知らない人の方が多いのでは無いでしょうか?この「肩甲骨を正しく動かせるかどうか?」が重要になります。

 

 

肩こりの治療法

肩のマッサージは、【血流を生み・筋肉の緊張を取る】 対処療法として優秀な物です。ただし順序を守らないと時間がかかったり、そもそも解れないと言うのもあります。一番良いのは動かすことです。正しく言えば、本来の動かし方をすると言う事です。

運動学習で健康な身体を得る

 

もう1つ重要なのは、人間の身体は全身が繋がっていると言う事実です。昔は「経絡とか科学的じゃない」と全身の関係性は否定されていました。ここ数年で西洋医学と東洋医学の合体した統合医療の出現により研究が増えてきました。西洋医学的(科学的)にも全身の関係性を表すものが出てきました。その中でも有名で、勉強されている先生も多いアナトミートレインの考え方は知っておくべきです。

 

緊張型頭痛の筋膜連鎖

専門用語になりますが、筋肉の繋がりで今良く知られているアナトミートレイン(筋膜連鎖)と言う物があります。簡単に言いますと、肩こりや張っているなどの コリのパターンをまとめた物だと思って頂いたら言いかと思います。

緊張型頭痛の原因とされる筋膜連鎖は2パターンです。

 

SBL(浅背側筋膜連鎖)

よく緊張性頭痛で診られるのはSBL(背中の筋膜の繋がり)が多いです。緊張型頭痛は後頭部に痛みが出る事が多いので、後ろ側の筋膜連鎖であるSBLをよく診る訳です。背中や腰、ハムストリングス(モモウラ)、フクラハギ が硬くなるパターンです。

「前屈がし辛い」「下を向くと後頭部の下がつっぱる」などの方はこの場合が多いです。

上記の頚部伸筋はコレに当たります。

SBL 緊張型頭痛の原因

【画像引用:https://rehatora.net

DFL(深腹側筋膜連鎖)

女性はDFL(身体の中心の繋がり)を診る場合が多いです。DFLは女性特有の月経周期や骨盤の大きさに影響される為に、女性では悪くなり易い筋膜連鎖となります。緊張型頭痛で重要視している理由は、特徴や合併症を全てが入っているからです。

このDFLの症状は、足先の冷え性・ムクミ(本来のムクミとは違う)・X脚・骨盤前傾・骨盤開き・反り腰・呼吸が浅い・ストレートネックが典型例です。大腰筋の位置の関係上、便秘や女性器疾患とも関係が深いとされています。

上記の胸鎖乳突筋はコレにあたります。

DFL 頭痛・めまい・吐き気 原因

【画像引用:https://rehatora.net

緊張型頭痛・めまい・吐き気 改善法

今回は女性に多いDFL(身体の中央の筋膜の繋がり)にアプローチします。


【鎖骨式呼吸】のDFL特化運動療法(難しい方は、下の鎖骨式呼吸の動画をどうぞ)
仰向けで寝転んだ姿勢でスタートです。



①足の裏を合わせる様に、股関節を開きます。
②腕はバンザイし、頭の上で肘を抱える様にします。
③この状態で、鎖骨式呼吸を行います。
④鎖骨式呼吸は息を吸う時に、胸を斜め上に突き上げる様に吸います。
⑤この呼吸を身体が楽になるまで続けて下さい。



このメニューでは、股関節内転筋・内戦筋のストレッチ/横隔膜の活性化/胸郭の動きの改善/斜角筋を緩める が主な効果です。実際は二次作用などで、もっと効果があります。

 

 

 

緊張型頭痛はコーヒーで悪化

緊張型頭痛の主な原因は、肩こり・首こりによる血流の低下です。その結果としての代謝産物の濃度が高くなるのが問題です。

緊張型頭痛の方がコーヒーを飲み、カフェインを多く取ると血管が収縮して血流が悪くなります。この為、締め付けられる様な痛みの場合はコーヒーは避けた方が良い可能性が高いです。

コーヒーはカフェインの作用で、「頭痛によくきく」と言われてきました。ただしコレは偏頭痛の話なのです。緊張型頭痛の場合は、コーヒーなどのカフェインの多い食材は避けた方が良いです。

緊張型頭痛はコーヒーで悪化する!?

 

 

緊張型頭痛は温める

肩こり・首こりによる血流の悪さが原因とされています。血流を増やすには温めた方が良いです。また動かす事も、血流を良くする事になりますので積極的に動く様にしましょう。

痛みの出ている後頭部や側頭部は、温めても効果があまりありません。あくまで肩・首に問題がありますので、肩や首を温める様にしましょう。

冬場ならマフラーをする様にしたり、夏場もクーラーの風が当たらない様にタオルで肩を覆うだけでも効果が出ます。

少し前に流行った半身浴は、全身の血流を良くしますが緊張型頭痛の場合気をつけないといけません。半身浴をすると肩が冷えるって知ってましたか?正しく半身浴をする場合は、浴室の室温を高くしなければなりません

体感上は半身浴のおかげで温まってます。しかし、肩などの湯船から出てる部分は逆に冷えています。湯船に浸かる時は、タオルにお湯を吸わせて肩に乗せるなどして温めてあげましょう。

冷やす?温める?頭痛に効果を出すには

 

緊張型頭痛の薬

緊張型頭痛のお薬も沢山有ります。病院に行ける方は、お医者さんに診て貰うのが一番です。日曜日や仕事柄病院にいけない方に良いのは市販薬です。ドラッグストアでも買える市販薬や漢方薬を常備するのも1つの手です。しかし、根本を改善する訳では有りませんのでヒドイ時だけ飲む様にして下さい。

緊張型ずつにはバファリンやロキソニンが有名ですが、他にも特長別にまとめています。コチラをご参考ください

緊張型頭痛おすすめ市販薬

肩こり緊張型頭痛にはロキソニン!?

イブ頭痛薬は緊張型頭痛にも合う?

 

それでも改善されない方は・・・

西宮市で頭痛を診れる整体院

阪神西宮駅の泰楽整体院は、緊張型頭痛の専門院です。首肩こりから来る緊張型頭痛でお悩みの方は一度ご相談下さい。整体だけではなく、運動学習で再発し辛い施術をしています。あなたの「生活を変える整体院」です。 姿勢を改善し、お身体の動きも取り戻す事で頭痛の原因を減らします。緊張型頭痛は特に筋肉のコリから来る頭痛ですので、姿勢の改善から筋肉の状態の改善、緊張型頭痛の改善に繋がります。

「しっかりと根本から改善したい」と言う方は、西宮市で緊張型頭痛を専門にしている当院にお越しください。

生活を変える

 

頭痛は整体で治るのか?

偏頭痛や群発性頭痛は難しいです。もちろん脳内の問題は我々には何もできません。ただし肩こりからくる緊張型頭痛は、慢性頭痛の90%を占めています。あなたが偏頭痛だと思っていても、緊張型頭痛の可能性の方が高いです。そしてこの緊張型頭痛は、筋肉や骨格が原因の物です。整体院だからこそ出来るケアの方法があります。

 

西宮で頭痛を診る整体院は?

西宮で頭痛を診る整体院や整骨院は10店舗以上有ります。それぞれが違う治療法をされていますし、料金体系もバラバラです。私個人は料金以前に、【本当に頭痛が改善されるか】が大事だと思っています。たとえ安くても、症状が変わらないのなら意味がありません。

各西宮の整体院で、頭痛に関する考えがHPに載っていると思います。その中で、あなたが納得するお話であったり、「任せたい」と思える所がありましたらそちらをご利用下さい。

【西宮 頭痛】で検索すると、各院の頭痛に関するページが読めます。

※頭痛専門の整体院でも、偏頭痛の専門もあります。内容の確認は入念にした方が良いです。

 

阪神西宮で緊張型頭痛なら

繰り返しになりますが、阪神西宮にある当院の緊張型頭痛への施術の考えや流れです。

原因の原因【動き】の改善

当院の最大の特徴は、運動学習と言うリハビリの理論を応用した施術です。イメージはリハビリやパーソナルトレーニング・ピラティスが近い物になります。肩こりの原因になる【動き】を修正し、肩こりのなりにくい体質に変えます。その結果、肩こりが楽になり緊張型頭痛の原因が減ることになります。

 

対症療法

残念ながら、上のやり方は即効性には特化していません。直接的に緊張型頭痛の原因になっている物にもアプローチします。「あとから良くなる」と言っても今辛ければ意味がありません。今の症状の対処法として、できることをさせて頂きます。

 

頭痛解消の流れ

初回 全身整体60分

2週間後 全身整体45分

以降月に1回 全身整体45分

を来院頻度の基準に設定しています。受ける中で、「十分楽になった」と思えるタイミングで終了してください。最短で1回で症状が出なくなった方もいます。しかし、体調や生活習慣から長引く人もいます。

 

西宮で健康を支える

当院は整体院に珍しく、【メンタル関係】【栄養関係】の資格も所持しています。なぜなのか?人間の身体は密接に関係しあっています。精神から内臓や運動機能に影響があります。内臓から運動機能や精神に影響があります。筋肉や姿勢から内臓や精神に影響があります。その全てに精通しないと、最善の方法を選ぶことができません。当院は病気を治す所ではありません。【緊張型頭痛を治しません】当院が行うのは、緊張型頭痛になりにくい体質にする事です。そして健康的な毎日を手に入れるサポートをする事です。

院長 藤田 泰仁

院長 藤田 泰仁

阪神西宮駅から4分 泰楽整体院院長 整形外科・鍼灸整骨院で様々な施術経験を積む 【保有資格】 ・国家資格 柔道整復師 ・NESTAJAPAN メンタルフィットネストレーナー ・日本酵素・水素医療美容学会 ファスティングカウンセラー 健康に関する情報を発信し、みなさまの健康のサポートをさせて頂きます

聞いてみたいことありませんか?

泰楽整体院 院長に聞いてみたいコトは有りませんか?

「〇〇の時はどうすれば良い?」などお応えできるコトはお応えさせて頂きます。

症例別ページ

おすすめ記事

※伝わり易い様にマッサージとの文言を使用しています。しかし按摩指圧師では有りませんので、あくまで慰安の揉み解しと思ってください。

この内容で送信します。よろしいですか?