頭痛

緊張型頭痛を食べ物で予防

 

緊張型頭痛に良い食べ物(栄養素)

マグネシウム

マグネシウムは血圧・体温を安定させる作用があります。更に脂質代謝の改善も行われるので、動脈硬化の予防にもなります。動脈硬化と低体温は血流の低下に関係しています。なのでマグネシウムを取る事で血流改善・肩こりの改善に繋がります。

ヒジキ、黒豆、大豆、大豆製品(納豆・豆腐など)、ほうれん草、アーモンド、煎りごま、エビ、ナッツ類、魚介類など

ビタミンB2

ビタミンB2は細胞内でエネルギーを作る時に作用します。特に脂質の代謝をサポートするので、動脈硬化の予防にもなります。身体を動かすのにはエネルギーが必要です。このエネルギーが増える事で、疲労回復・肩こりの改善に繋がります。

ウナギ、レバー、納豆、卵黄、ヨーグルト、牛乳、あま海苔、ドジョウ、タラコなど

クエン酸

抗酸化力が非常に強い成分です。酸化(サビ)ついた細胞や成分の回復に役に立ちます。

レモン・脱脂粉乳・キウイ・グレープフルーツ・じゃがいも・みかんなど

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”5.png” name=””]特にマグネシウムは重要です。片頭痛にも緊張型頭痛にも良いです。 [/speech_bubble]

頭痛でサプリを選ぶなら

まずは必須栄養素の補給に良いコチラがおすすめです。頭痛専用のサプリは、確かに効果に期待できます。
ですが高額になり易いので、まずはこのサプリで良くなるか試して下さい。

食生活の基本

頭痛を良くする為に、毎日毎日これらの栄養を摂らないといけない訳ではありません。
栄養素によりますが、数日間は貯蔵される様に人間のカラダはできています。
食生活を変える時は、少しずつ1週間単位で管理されると良いです。

【毎週月曜日は○○の日】
など1週間に1回、頭痛によい食事にするだけでも体質は変わっていきます。

根本治療の方法

頭痛を根本から良くしようと思うと食生活の変化も良い手段です。ただし食生活を変えても頭痛が治まらないコトもあります。

その場合は、骨格のズレ・姿勢の崩れなどから頭痛が起こっているかも知れません。
病院に通っても頭痛が治らない方は、一度整体を受けてみて下さい。

整体院で頭痛を専門的に診ている所は少ないです。
しっかりホームページ・口コミを確認して、頭痛の患者さんを診ているか確認して下さい。





 

記事に関するご要望はコチラ

もし質問や要望などが有りましたら、twitterのリプライでご連絡下さい。
※すべてのご要望にお応えできる訳では有りませんので、ご了承下さい。