【後頭部・こめかみ】頭痛の場所が複数なら混合型頭痛かも

頭の後ろや、こめかみに頭痛が出ます
場所によって慢性頭痛の種類は予想できますが、それ以前に
場所が複数なら、複数の頭痛が同時に起こっているかも知れませんね

混合型頭痛とは

慢性頭痛は【片頭痛】【緊張型頭痛】【群発性頭痛】の3つが有名です。高齢者が骨粗鬆症と糖尿病を同時に持っているのと同じで、複数の病気を同時に起こすコトは良くある話です。
片頭痛と緊張型頭痛を同時に起こしている物を混合型頭痛と呼びます。

この混合型頭痛と同時に、更に群発性頭痛も起こしている人は居ます。
当院が開院して1年かからずに3名程、3つの慢性頭痛を同時に起こしている方が来られています。

 

複数の頭痛が起こった時

複数の頭痛が起こった時は、絶対に独学で対処法を試さないで下さい
片頭痛と緊張型頭痛は、お互いの対処法がもう片方を悪化させる内容の物を含みます。
必ず慢性頭痛に詳しい、頭痛外来などの病院や整体院の受診をして下さい。

※市販薬を飲むのだけは自己判断でも大丈夫です。

頭痛の場所によって、何か分かりますか?
どの頭痛か判断するには、症状の出方が大切です。でも場所でも目安は付きます

場所別考えられる頭痛

こめかみの頭痛は?

こめかみに頭痛が出る場合は、片頭痛・緊張型頭痛・群発性頭痛 全て可能性があります。
片頭痛>緊張型頭痛>群発性頭痛 の順に多いかと思います。
後でご紹介するの痛み方で、どの頭痛か?考えてみてください。

後頭部の頭痛は?

後頭部に出る頭痛は、緊張型頭痛・片頭痛のどちらかになります。
緊張型頭痛>片頭痛 の順に多いかと思います。
後でご紹介するの痛み方で、どの頭痛か?考えてみてください。

頭の中で痛む頭痛は?

慢性頭痛ならほぼ片頭痛で間違いないです。
他の場所でも同じですが、あくまで慢性の頭痛に関してです。

場所よりも痛み方が大切です

頭痛別 痛み方の特徴

「ズキズキ」「脈打つ様な」「ガンガン」→片頭痛
「頭が締め付けられる」「重たい」「ズーン」→緊張型頭痛
「眼の奥がえぐられる様な」「眼の奥に激痛が」→郡発性頭痛

場所と痛み方から、どの頭痛かを目安付けられると良いです。

頭痛を更に詳しく知るなら

これら3つの頭痛の対処法や、改善方法などの詳しいお話は別の記事でご案内します。

他2つは近日公開




頭痛にお悩みの阪神西宮駅に来れる【大阪~神戸にお住まいの方】

泰楽(やすらぐ)整体院は、阪神西宮駅から徒歩4分にある頭痛に詳しい整体院です。

姿勢などの骨格だけでなく、動きを専門的に直すMFアプローチで頭痛にアプローチします。

詳しくは【下の画像】をクリックして詳細をご確認ください。

阪神西宮 頭痛 整体


頭痛に整体がおすすめな理由  緊張型頭痛とは

関連記事

  1. 緊張型頭痛はマッサージ屋さんに行くべきか?

  2. 緊張型頭痛・めまい・吐き気を改善するには

  3. 「こめかみが痛い」頭痛の対処法

  4. 緊張型頭痛で選ぶロキソニンの種類と特徴

  5. 死にたく無ければ首の整体には要注意!!

  6. 緊張型頭痛は冷やす?暖める?

Facebook

最近の記事 おすすめ記事
  1. 食生活
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP