マッサージで揉み返し?好転反応?

マッサージ

マッサージやエステを受ける方は聞いたことがあるかも知れません。マッサージ後に来る揉み返し・好転反応はどういった物でしょうか?この2つの原理や予防法、その他関係することをお伝えします。

簡単に良いますと【揉み返しは悪い結果】【好転反応は良い結果】くらいの違いです。

マッサージ後の揉み返しとは?

揉み返しと言うのは、マッサージを受けた翌日や早ければ数時間後に来る痛みです。筋肉痛のような場合が多いのですが、重だるい痛みの時もあります。揉み返し自体は悪いことではなく、揉み起こしとも言うのですが一時的に揉み返ししてから元より楽になる現象もあります。

 

筋肉痛の様な痛み

揉み返しは筋肉痛と同じく原因が諸説あります。揉み過ぎて筋肉の繊維を少し痛めている説が一番多く言われています。

私は神経系を重視していますので、筋肉の緊張が強まっていると考えています。皆さんは痛い時に、力を入れたりしませんか?その時の力みが残って、筋肉が緊張していると考えています。

同じ場所や同じ強さなのに揉み返しが起こる場合と、起こらない場合があります。筋肉の繊維の損傷なら説明ができませんが、神経の緊張なら説明が出来るからです。

 

揉み返しが来た時の対策

この揉み返しが来た場合は、筋繊維の損傷ならアイシング(冷やす)・動かさないのが良いです。

神経の興奮状態なら、逆に暖める・動かすが良いです。どちらのパターンか判断する時に診るのは、その場所の温度です。筋繊維が傷んでいると言う事は、炎症を起こして熱を持っています。他の部分に比べて温かかったら、炎症を考えてアイシングにすると良いです。

 

当院で筋肉痛で来られた方の場合は、周辺の血流を増やした後にその筋肉を動かします。具体的には振るわせる様なスポーツマッサージでよく使われる手技です。

1回で完全に取りきる事は難しいです。しかし、ぎこちなく動かしていた物が普通には動かせる様には成ります。筋肉痛でもそうだと思いますが、関節の動く範囲が1段階楽になると生活では大きな変化になります。どうしても辛い時は、マッサージ店で揺する・押すなどのゆったりしたマッサージをして貰いましょう。

 

重だるい痛み

重だるい痛みの場合は、代謝産物によるとされています。原理としては、マッサージで筋肉が解れた結果中に溜まっていた代謝産物が出てきます。その影響で鈍い痛みが発生してると言うコトです。

背中に来ている場合は、全身の代謝産物の出しすぎで腎臓に負担がかかっています。

 

揉み返しが来た時の対策

この場合は代謝産物がそこに溜まっているコトが問題です。血流を良くするコトで改善されます。具体的には軽い運動・お風呂で温まるなどです。またマッサージが原因で起こりますが、血流を良く出来るのでマッサージでも効果が期待できます。

また背中に来る痛み=腎臓の負担 の場合は、腎臓の負担を減らすようにしましょう。食事内容では肉・魚・大豆などのタンパク質や塩分は控えましょう水分補給も多めにして、汗がかけるように運動やお風呂に浸かるコトもおすすめします。

 

マッサージの揉み起こしとは?

前項の好転反応の1部分になります。マッサージを受けた後に揉み返しが来ます。揉み返しが無くなった時に、マッサージを受けに行く前より良くなる現象のコトを言います。

 

メカニズムとしては、鈍痛が起こるタイプの揉み返しで考えると分かり易いと思います。この様な順序で揉み起こしは起こります。

①代謝産物の露出

マッサージで筋肉の中の血流が良くなると、中に溜まっていた老廃物などの代謝産物がオモテに出てきます。

②揉み返し

この代謝産物によって化学物質性の痛み(鈍痛)が発生します。しかし本当は筋肉自体は、疲労回復し軟らかくなっています。

③疲労回復

代謝産物が血流に乗り運ばれると、鈍痛もなくなります。すると残るのは、筋肉が軟らかくなった状態だけです。

 

この様にして、マッサージによる揉み返しの後にカラダが軽くなるのです。もし揉み返しが起こっても、「マッサージ屋ハズレだった」と諦めないで下さい。

コチラでご紹介した対処法を実践し、揉み返しが無くなってから楽になったか?を確認してみてください。

マッサージ後の好転反応とは?

好転反応と言うのは、マッサージ後にカラダが良くなる前の症状と言う認識で大丈夫です。

好転反応(こうてんはんのう)とは、もともとは東洋医学(按摩や鍼)で使われる用語で、治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと。反応の程度はさまざまである。

慢性的に疲労していた筋肉がほぐれ、溜まっていた老廃物が血液中に流れること等が要因として考えられる。だるさや眠気、ほてり等を感じるケースが多い。眠気が生じると不眠症が治ったと勘違いしてしまうことがある。他、発熱、下痢、発疹、咳などに現れることもある。また、老廃物が尿として排出されるため、その色が濃くなったりする。その他にも、主訴となる症状が一過的にぶり返したかのように見える場合もある。

wiki

揉み返しにおける鈍い痛みの時と同じ原因です。最大の違いは、この症状の後にカラダが楽に成るかです。

好転反応が来た時の対策

この場合も代謝産物がそこに溜まっているコトが問題です。血流を良くするコトで改善されます。具体的には軽い運動・お風呂で温まるなどです。またマッサージが原因で起こりますが、血流を良く出来るのでマッサージでも効果が期待できます。

 

好転反応で寝たきり

好転反応の中には、代謝産物の影響では無い物もあります。それぞれメカニズムも対処法も変わってきます。

①眠気が強い好転反応

緊張していた神経系が一気に解放されたせいで眠くなります。基本的にはマッサージ後の1日眠たく、倦怠感の様な形で出てきます。ヒドイ場合は3日ほど続きますが、コレはマッサージ受ける前の状態が悪ければ悪いほど出てきます。

副交感神経が優位な状態が続いていますので、軽い運動をしたり何か行動をすると早く治り易いです。

 

②内臓の動きが出る好転反応

腸マッサージに限らず内臓に影響を与える方法はたくさんあります。消化器の動きが良くなると、空腹感が増したり、便通が良くなります。生理期間中なら、経血の量が一時的に増すコトもあります。

基本的には状況次第と言うのもあり、安静にしているのが一番です。もし1日おきにマシにならなければお近くの病院に向かって下さい。

 

 

おすすめコンテンツ

ぎっくり腰でマッサージ屋に行くのはNG!!

緊張型頭痛はマッサージ屋さんで改善されるのか?

マッサージ・整体に通う頻度は?

筋肉痛の時はマッサージOK?

マタニティマッサージ【阪神西宮】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧