【もみかえし】マッサージ後にだるいのは何故?その対処法は?

昨日マッサージに行ったら、だるくなって
だるい・痛いはもみかえしかも知れませんね

もみかえしとは?

マッサージを受けた翌日や早ければ数時間後に来る痛みです。筋肉痛のような場合が多いのですが、重だるい痛みの時もあります。
もみかえしは必ず悪い物ではなく、好転反応とも言いますが後から良くなる物もあります。

筋肉痛の様な痛み

揉み過ぎて筋肉の繊維を少し痛めている説が一番多く言われています私は神経系を重視していますので、筋肉の緊張が強まっていると考えています。
同じ時間・同じ強さで揉み解しをされても、もみかえしする時としない時の違いはココにあると思います。

重だるい痛み

重だるい痛みの場合は、代謝産物による物とされています。原理としては、マッサージで筋肉が解れた結果中に溜まっていた代謝産物が出てきます。その影響で鈍い痛みが発生してると言うコトです。

背中に痛みがある場合は、全身の代謝産物の出しすぎで腎臓に負担がかかっています。

早く楽になるには?

もみかえしの対処法

血流を良くするのと、リラックスさせると早く楽になります。この対処法は、筋肉痛の時と全く同じになります。

①お風呂などでカラダを温める
②軽い運動をする
③マッサージ・ストレッチを受ける

 

もみかえしは、良くなっている証拠でもあるんです

好転反応・もみ起こし

似た様な言葉で、【好転反応】【もみおこし】と言う物があります。もみかえしの中でも、後から良くなる物を分けて言う時の言い方です。

好転反応(こうてんはんのう)とは、もともとは東洋医学(按摩や鍼)で使われる用語で、治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと。反応の程度はさまざまである。

慢性的に疲労していた筋肉がほぐれ、溜まっていた老廃物が血液中に流れること等が要因として考えられる。だるさや眠気、ほてり等を感じるケースが多い。【wiki

疲労が溜まりきっていた人は、後ほど「何となくだるい」などの症状が出易いです。コレは疲労物質がそれだけ表に流せた証拠でもあるのです。

もみかえしの予防法

もみおこしの予防法はあります。疲労物質が表に出てきて、そのまま留まった結果がもみおこしです。
マッサージに行って「もみおこししそうだな」と思われたら、対処法と同じことをして血流を促してください。

①お風呂などでカラダを温める
②軽い運動をする
③マッサージ・ストレッチを受ける

全身の血流をよくして、腎臓・肝臓で処理すればもみおこしは予防できます。お水を多く飲むだけでも、もみおこしのリスクは減ります。
筋肉痛の様な痛みがするもみかえしも、同じ予防法で効果が期待できます。

「もみ直し」ってなんですか?
【もみかえし】が起こったり、マッサージに満足行かなかった時に他のスタッフにして貰うコトです

もみ直しでマッサージ店に行くべき?

もみかえしを楽にする為に、他のスタッフ・他のお店に行くのはおすすめできます。もみかえしの痛みから早く解放されるかも知れません。
ただしココで大切なのは、もみかえしを楽に出来る技術があるスタッフかどうかです。

もみ直しは、通常の手技とは違ってきます。しっかり学んでいない人が担当ですと、痛いだけで良くなりません。
最悪の場合は、更にもみかえしがヒドクなるコトもあります。

店舗の選び方の参考にして下さい

 




整体にご興味のある阪神西宮駅に来れる【大阪~神戸にお住まいの方】

泰楽(やすらぐ)整体院は、阪神西宮駅から徒歩4分にある整体院です。

姿勢などの骨格だけでなく、動きを専門的に直すMFアプローチで様々な症状にアプローチします。

詳しくは【下の画像】をクリックして詳細をご確認ください。




    関連記事

    1. 【マッサージ・整体】理想の頻度は?

    2. 遠隔治療にはアナトミートレイン!?

    3. マッサージを受ける時の服装

    4. 足裏マッサージ舐めてませんか?

    5. 整骨院でマッサージ受けると詐欺罪!?

    6. マッサージは痛い方が良い?

    Facebook

    PAGE TOP