おすすめのリフレッシュ方法

現代社会は疲れている人が増えていると言います。実際にリラクゼーションの利用者数は年々増えていってます。

ではその疲れを癒す為に、リフレッシュする為に何ができるのか?簡単にご紹介したいと思います。

目次

リフレッシュ方法

  ・カラダをリフレッシュ

  ・心をリフレッシュ

疲れない様にする

リフレッシュにアロマ?ヒーリングミュージック?

リフレッシュして幸せに

 

リフレッシュ方法

リフレッシュの方法の前に、「何をリフレッシュするのか?」が大切です。

リフレッシュとは、肉体的疲労や精神的疲労を一新して回復する物だと思います。

現代社会人は、ストレスもカラダへの負担も多く疲れています。今あなたがリフレッシュしたいのは、心が疲れているのか?カラダが疲れているのか?それとも両方か?を考えて、今からご紹介するリフレッシュの方法を選んで頂けたら良いと思います。

 

カラダをリフレッシュ

肉体疲労から解放される為に、カラダのリフレッシュが必要です。カラダの疲れが溜まっている状態と言うのは、内臓疲労・筋肉疲労のどちらかが大きいと思います。

疲労回復に必要なのは、血流の改善と負担を減らすコトです。

温泉でリフレッシュ

私が疲れている時は、温泉に行きます。つまり肉体疲労回復では、温泉が1番おすすめの方法でもあります。温泉でなくても岩盤浴でも問題ありません。

カラダが温まると、血流が良くなり疲労物質が流れます。内臓も温まると機能が活性化されます。

心臓には負担が大きいですが、交代浴もおすすめです。

「外に行く時間が作れない」と言う方には、炭酸系の入浴剤がおすすめです。

温泡でリフレッシュ

「なぜ炭酸なのか?」炭酸=二酸化炭素です。こんな原理でカラダが温まります。

  • ①二酸化炭素が血液中に増えると、酸素が足らなくなります。
  • ②酸素を送ろうと血流が良くなります
  • ③温かいお湯の温度も、血流に乗って全身に回ります。

だから炭酸系をおすすめしています。ついでに硫黄泉なども原理がありますのでいずれ。

 

軽い運動でリフレッシュ

「疲れているのに運動?」と思われるかも知れませんが、アクティブレストと言って動いた方が速く回復します。思い出して欲しいのが、疲労回復のポイントに血流の改善があります。

人間のカラダが血流が良く、温まるのはいつか?運動している時です。

軽い運動の場合は、疲労の発生量よりも回復力の方が上回ります。

 

ウォーキングやラジオ体操、ヨガなどがおすすめです。

 

セルフストレッチ

ストレッチは筋肉の緊張も取りますし、血流も改善されます。特に疲れを感じている所をよくストレッチしてあげて下さい。

ストレッチ専門店で一気に伸ばすのも手ではあると思います。ですが、後述のマッサージと同じく担当者によっては悪化するので気をつけて下さい。

ストレッチの詳しいお話は、【ストレッチの効果最大化!持続時間や回数はどうする!?

 

マッサージ

リフレッシュの中でも、筋肉の疲れが強いとココに行きつくと思います。マッサージの目的として、疲労の回復と癒しがあります。

血流の改善はもちろんですが、仲の良いスタッフができると心のリフレッシュにも繋がります。

ただ担当者によっては、逆に疲れてしまうコトもあります。もみかえしのリスクもあります。

なので、カラダを任せれるセラピストを見つけるコトをおすすめします。

 

ファスティング

疲労で忘れてはいけないのが、内臓疲労です。「どの内臓によって、どの症状が出るのか?」は本当に種類が多いです。その中でも疲れやすいのが消化器と言われる胃・腸・肝臓 です。

この消化器の負担を減らすには、断食をするのが1番早いです。それでも栄養は必要なので、酵素ファスティングなどの方法を取るコトをおすすめします。

 

他にも泌尿器が疲れたら、水を多く飲んで尿を出す。などすると良いです。

酵素ファスティングと断食の違い

心をリフレッシュ

最近のリフレッシュは心のリフレッシュが多い気がします。心のリフレッシュでは、ポジティブな感情を出す・ネガティブな感情から離れる・自律神経を整えるなど方法が分かれます。

 

楽しむ・喜ぶ

趣味などはコチラに含まれます。自分の好きなことをする時間を作る訳です。コレは人それぞれの好き嫌いがありますが、今の所楽しめる物が思い当たらない人におすすめの物があります。

新しい体験をする

もちろん新しいコトをして、好きに成る物を見つける意味もあります。しかし、新しいコトをするってだけで、脳に新しい刺激が入りリフレッシュできます。

ココで大切なのは「できないコトを気にしない」コトです。趣味でもそうですが、リフレッシュする為なのにストレスを溜めるといけません。「できる様にする」為でなく、「楽しむ為にする」を忘れないで下さい。

 

現実逃避

厳しい言い方ですが、ネガティブな感情から距離を置くのは現実逃避と呼ばれます。でも現実逃避が悪いのではありません。必要な時は必要ですから、気にせずに嫌なコトを忘れる時間を作ってください。

コチラも趣味などが使われますが、無心になる瞑想も入ってくると思います。

何か1つのコトに集中するだけでも、嫌なことを忘れれます。

飲酒

代表的な現実逃避系のリフレッシュ方は、お酒を飲んで酔うコトです。アルコールが入ると理性が鈍くなります。嫌なことを忘れるのに打ってつけなのですが、最終的に逆効果になります。

例えば二日酔いです。二日酔いになったら、カラダがしんどくてストレスになりますよね?それを省いても、肝臓に負担がかかり肩こりや腰痛の原因になります。

お酒はたしなむ程度にしましょう。

 

自律神経を整える

「ストレスを溜めない意外ない!」と思われている方が多いですが、方法は沢山有ります。

その中でも取り入れやすいのは、メディテーション(マインドフルネス)です。もっとシンプルには呼吸法で整えれます

まず自律神経と言うのは、内臓など意識して動かせない機能を調整している神経です。ほとんどの内臓は無意識に動いてますが、意識的に動かせる内臓があります。

肺です。つまり呼吸

呼吸で内臓(肺)をコントロールして、自律神経もコントロールするコトが可能です。

具体的には、腹式呼吸でゆっくりしたリズムで呼吸します。できる限り、大きく・ゆっくり呼吸するとカラダが楽に、眠たくなってきます。

【詳しくは:自律神経を整える!話題のマインドフルネス 基本となる呼吸法

 

疲れない様にする

今までは疲れを取るリフレッシュ法をご紹介しました。ですが、私自身はリフレッシュが必要のない状態の方が良いと思っています。疲れない様に対策を打つのが大切だと思います。

そうすれば辛い時期もありませんし、リフレッシュに費用をかけなくて済みます。

 

疲れないカラダ作り

「体力を付けてスタミナを!」と言う話ではありません。ムダな力を使わずに、効率の良いカラダの使い方をするだけで変わります

人間のカラダはトーヌスと言い、無意識に力が入っている部分があります。力が入っていますので、エネルギーは使われます。この無意識に使うエネルギーを減らすと、かなり疲れ辛いカラダに成ります。

また姿勢が良いと疲れ辛くなります。

 

当院ではこの動きの無駄や姿勢の崩れの改善から、様々な症状の再発しないカラダ作りを行なっています。

 

 

疲れない心の使い方

「ストレスは仕方ない」そうでもないのです。【自律神経失調症の原因 ストレスとは?】にも有るのですが、ストレスはご自身の感じ方で変わります

例えば、雨が降った時に

「今日は雨か、嫌な一日だ」と思うのか?「いつもと違って、バスに乗るのも良いな」と思うのではストレスの度合いが違います。コレをポジティブシンキングなど言いますね。

最近のストレス管理では、ポジティブシンキングは時代遅れになりました。ポジティブに考えれない場面に対処できないからです。

 

そこで最近言われているのは、事象だけを見るクセをつけるコトです。雨で言えば「雨降ってるな」と言う事実でけ認識して、そこに感情は与えません。

負の感情には、事実だけみるクセを

正の感情には、小さい幸せも感じれる生活を

コレだけで人生は幸せに変わって行きます。

 

リフレッシュにアロマ?ヒーリングミュージック?

リフレッシュや癒しに関わり易いのが、アロマテラピー・ヒーリングミュージックです。

精油(エッセンシャルオイル)、または精油の芳香や植物に由来する芳香を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的とする療法である【アロマテラピー

ヒーリングミュージックは、音楽によってストレスの解消やリラックスを図るものですね。

 

どちらも科学的に証明はされています。ただどちらも、その人の好みや体質で効果が変わってきます。

リフレッシュ 自然  リフレッシュ ヒーリング

 

ヒーリングミュージックは、自然音と曲などに分かれますが、どちらもキライな方がいます。音楽関係のカは、ピアノなどの楽器の音を聞くとシゴトスイッチが入ります。自然音が苦手な方は、せせらぎが水漏れに聞こえたりします。

あくまでご自身がリラックスできる音楽・香りを楽しんでください。

 

リフレッシュして幸せに

いかがだったでしょうか?疲れが溜まってコチラの記事を読まれている方も多いと思います。まず今の疲れはリフレッシュ方法を実践して解決してください。

余裕のある時に、疲れないカラダ・ストレスに強い心を身に付けるケアをしてあげると良いと思います。あなたがカラダ・心の疲れでシンドイ思いをしない様に、より幸せな毎日を過ごせる様になるコトを願います。

 

おすすめ記事

整体師が選ぶおすすめマッサージ機

お腹のマッサージで、全身が硬い人は改善される!?

自律神経失調症の原因 ストレスとは?

血糖値とダイエットの関係

 

院長 藤田 泰仁

院長 藤田 泰仁

阪神西宮駅から4分 泰楽整体院院長 整形外科・鍼灸整骨院で様々な施術経験を積む 【保有資格】 ・国家資格 柔道整復師 ・NESTAJAPAN メンタルフィットネストレーナー ・日本酵素・水素医療美容学会 ファスティングカウンセラー 健康に関する情報を発信し、みなさまの健康のサポートをさせて頂きます

西宮でマッサージ受けるなら

西宮 おすすめ マッサージ

西宮 泰楽整体院

更新情報を手に入れるなら
いいね!をお願いします