知らないと危険!整形外科・整骨院・整体院の違い

ケガした時は整形外科・整骨院・整体院どこに行けば良いんですか?

ケガの程度によりますが、整形外科が優先です

運動器の専門家

筋肉・靭帯・骨は運動器と呼ばれる器官です。この運動器を傷めた時、問題が発生して時は整形外科が最優先になります。
私たち柔道整復師が勤める整骨院・医師が勤める病院・整体師が勤める整体院では、公的にも立ち位置がハッキリ分かれています。

整形外科・整骨院・整体院 資格の違い

資格と言うのは、「○○をしても良い権利」のコトです。この資格の違いが専門分野の違い、できる治療の幅を決めています。

整形外科(医師)

医師免許を取得後に日本整形外科学会に入会して6年間の研修を受け、専門医試験に合格すれば整形外科専門医となります。
筋肉や骨などの運動器に関する全てが専門で、次の整骨院とは違い病気も診れます

整骨院(柔道整復師)

柔道整復師法と言う法律で定められた国家資格 柔道整復師が1人はいる施術所となります。(担当者は無資格の可能性もあり)
一般に言うケガが専門で、骨折・脱臼・捻挫・挫傷(肉離れ)・打撲の専門家です。

整体院

民間資格・無資格が基本です。なので素人がまだ多いですが、当院の様に国家資格を持つ整体師も増えてきています。
体質改善などの慢性的な問題を専門としている所が多いです。

資格=治療技術 ではありませんが、最低限の知識の証明にはなります

設備・制度の違い

全てを診るコトが出来る整形外科病院ですが、設備・制度の違いも知ると他の選択肢が良い場面もあります。

整形外科

注射・お薬・レントゲン・リハビリの機械など、必要な物は最低限備わっています。特に注射・お薬・レントゲンは病院でしか使えない物ですので、コレらが有るのは病院の強みです。
病院は保険内診療がほとんどですので、低額な代わりに診て貰える時間が短くなりがちです。また検査をたくさんする傾向にありますので、初回は特に料金が高くなりがちです。

整骨院

電気・温める機械は必ず有り、他のリハビリ機械やケガの処置に必要な物が備わっています。
コチラは保険内診療+自費 の形が多くなっています。保険を使用するのが基本ですので、整骨院も診て貰える時間は短くなりがちです。

整体院

行なう手技によりますが、基本的には何の設備もありません。手技によってカイロベッドなどの整体の補助機器がある程度です。
整体院は保険外診療なので、しっかり診て貰えるコトが多いです。

整形外科・整骨院・整体院どこに行くべきか?

一般的な立ち位置から考えると、今抱えている問題に合わせて使い分けるのが1番です。

骨折・脱臼・病気の疑いがある=整形外科
捻挫などの軽いケガ=整骨院
慢性的な症状・体質の改善=整体院

慢性的な物は整体院?
整体院が一番環境が整っています

整体院の強み

【無資格が基本】【設備も少ない】なのに、何故整体院が一番環境が整っているのか?それは健康保険を使わない=医療機関ではないからです。

健康保険を使うと、料金が一定金額で決まってしまいます。料金が一定ですと、何人の患者さんを診れるか?を効率化せざるおえなくなります。その結果、診れる時間が短くなり細かい施術を行なえなくなります。

来院される患者さんも、料金が安いから来る症状の軽い方も多く診るコトになります。
臨床経験として、慢性的な物を診る機会が少なく技術が発達し辛い環境になります。

慢性的な症状は、通院回数よりも1回1回の質が求められます。慢性的な物を多く診る経験値、時間をかけて必要な施術を行なえる環境が揃うのが整体院の強みです。

整体院は技術差が激しいので、しっかり選びましょう



整体にご興味のある阪神西宮駅に来れる【大阪~神戸にお住まいの方】

泰楽(やすらぐ)整体院は、阪神西宮駅から徒歩4分にある整体院です。

姿勢などの骨格だけでなく、動きを専門的に直すMFアプローチで様々な症状にアプローチします。

詳しくは【下の画像】をクリックして詳細をご確認ください。




    関連記事

    1. O脚矯正の整体で、膝を触るのはNG!!

    2. 本当に自律神経失調症?整体師が知る恐ろしい現実

    3. 坐骨神経痛は〇〇を温める

    4. 姿勢が悪い人はマットレスを買い変えないで下さい!!

    5. 腰痛改善ストレッチ!安全に行なう方法

    6. 猫背解消 胸が丸まる原因FL改善法 (アナトミートレイン)

    Facebook

    PAGE TOP