本当に自律神経失調症?整体師が知る恐ろしい現実

西宮市で整体院を経営していると、「病院で自律神経失調症と言われました。諦めるしかないですか?」とお客様に聞かれるコトが度々あります。

不定愁訴(原因不明の軽度の体調不良)の場合、よくこの自律神経失調症で診断されるケースがあります。
その際の対応法も「ストレスを減らして下さい」「生活を見直して下さい」など、漠然とした対処法しか教えて貰えず治らない方も大勢います。

この自律神経失調症は、具体的に何をすれば良いのか?自律神経失調症と言う診断のウラをお伝えします。

自律神経失調症って?

自律神経と言うのは、全身の状態をコントロールしている物だと思って下さい。交感神経と副交換神経に分かれます。この交感神経と副交感神経が正しくバランスが取れない状態が、自律神経失調症です。

交感神経

交感神経は、カラダを活発にする為の神経だと思って下さい。
運動する為に
・血流を筋肉に多く回す
・筋肉の緊張を強める

活発に考える為に
・脳の回転を速める
・感覚が鋭くなる

など交感神経が強くなると起こります。強くなり過ぎた結果が

・頭の回転が強すぎて不眠症に
・感覚が鋭過ぎて、痛がりに(腰痛など)
・内臓にエネルギーが回せず、内蔵の各不調に

副交換神経

副交換神経は、カラダを回復させる為の神経だと思って下さい。
内臓の為に
・消化器の機能を高める
・内臓に血流を多く回す

回復の為に
・筋肉の緊張を緩める
・脳を休ませる

など副交感神経が強くなると起こります。強くなり過ぎた結果が

・強い眠気で、頭が回らない
・筋肉の緊張が弱く、気だるく感じる

呼吸法で自律神経を整える

そんな自律神経失調症でお悩みの方が気になるのは対処法です。自律神経失調症の対処法の中でも、即効性があり、効果も大きいのが呼吸法です。

自律神経は無意識に動かしている、全身の機能(内臓など)を調整しています。この無意識に動かしている物の中で、唯一自分の意思で動かせる物が肺(呼吸)なのです。

交感神経を押さえる

交感神経が強い時に、呼吸は速くなります。興奮している人の息が荒いのは、そういうコトなのです。逆に落ち着いていると、呼吸はゆっくりになります。

自律神経失調症の方は、呼吸をゆっくり大きく一定のリズムにするコトで整います
最初は、【吸うのに5秒・吐くのに5秒】に慣らし【吸うのに8秒・吐くのに8秒】などどんどんゆっくりにして行って下さい。
ある程度ゆっくりの呼吸が数分できると、急激に眠気が来たりリラックスできます。

食事が自律神経失調症の原因?

自律神経失調症の方で、お米・パン・麺・甘い物が好きな方はそれが原因かも知れません。特に食事の後30分~2時間以内に眠気が来る方は、要注意です。

コレは血糖値の急激な変化に、自律神経が乱される危険があるからです。
お米・パン・麺・甘い物は、糖質が高い食材になります。

①血糖値が急激に上がると、下げる為のホルモンが出ます。
②急激に血糖値が下がります。

この血糖値のコントロールも自律神経が行なっていますので、血糖値の急激な変化があると乱れてしまいます。
精神的に不安定な方で、太っている人が多いのはこういう所からも来ています。

低GI食品に切り替えるなどの対処をお試し下さい。【参考:血糖値とダイエットの関係

睡眠が自律神経失調症を整える上で大切

睡眠が出来ない状態=危険な状態 なので、睡眠の質が悪いと交感神経が優位になっていきます。また疲労回復にも問題がでますので、ストレスも溜まり自律神経が乱れます。

睡眠は個人差がありますが、8時間とるコトをおすすめします。また回復力の強い時間である、PM10:00~AM2:00の時間帯は、なるべく多く入る形が良いです。

寝具の硬さ・室温・湿度・電磁波の量・空気の鮮度 などこだわればキリが有りませんが、1つ1つクリアすると自律神経にも、毎日の疲れにも良いです。

寝付けない方は、上記の呼吸法で強制的に眠気を出すと良いです。

ストレスは自律神経失調症の原因

ストレスと言うのは、外部からの侵害刺激のコトです。肉体的ストレス・精神的ストレス・環境的ストレスなど形も様々です。

ストレスを受けると、外部からの侵害刺激に対応する為にカラダが反応します。(交感神経優位)
その期間が続くと交感神経が強いままになったり、疲弊して副交感神経が強いままになります。

社会的ストレスなど回避が難しい物もあります。ですが他のストレスを減らせば良いのです。

・肉体的ストレスを減らす為に、内臓の負担を減らす
・肉体的ストレスを減らす為に、疲労回復をする
・環境的ストレスを減らす為に、部屋の環境を良くする
・精神的ストレスを減らす為に、人と触れ合う

など他の形から対処していけば、ストレスの管理もしやすくなります。

自律神経失調症の怖い話

ここまで自律神経失調症の対処法をお伝えしました。ですが根本的に見直さないといけないコトがあります。

本当にあなたのその症状は、自律神経失調症なのか?

自律神経失調症は【原因不明の軽い症状】です。つまりお医者さんが知らなくて原因が分からなかった物でも、自律神経失調症と診断される危険があるのです。

本当は他の疾患で、治療法もあるのに適当に流されているケースもあります。

実際にあった酷いケース

泰楽整体院に別の症状で来られたお客様で、「耳が聞こえ辛くなる時がある」とご相談を受けました。状況としましては

①時々耳が聞こえ辛くなるので病院へ
耳鼻咽喉科で自律神経失調症と診断される
③生活の見直しを勧められ終了

私は症状の出方を確認して、耳管狭窄症と推察し対処法をお伝えすると
その場で症状は、完全に取れました

専門の診療科の内容でも、この様な自律神経失調症ではなく他の疾患だったと言うコトが起こります。(私は医師ではないので、診断はできません。あくまで推察の域として)

もしあなたが自律神経失調症と診断されても、他の院では有効な診断がおりるかも知れません。セカンドオピニオンで他の病院に行かれるか?他の手段として整体なども視野に入れて下さい。

ここまでのまとめ

自律神経失調症と診断されても、もしかしたら他の疾患であるかも知れません。セカンドオピニオンとして、他の病院や整体院などを試すコトをおすすめします。

どこに行っても、自律神経失調症としか言われない場合は呼吸法・食事・睡眠・ストレス管理で改善をはかって下さい。

目に見えない辛い症状が自律神経失調症です。1人で抱えないで、改善する為の一歩を踏み込んでください。




整体にご興味のある阪神西宮駅に来れる【大阪~神戸にお住まいの方】

泰楽(やすらぐ)整体院は、阪神西宮駅から徒歩4分にある整体院です。

姿勢などの骨格だけでなく、動きを専門的に直すMFアプローチで様々な症状にアプローチします。

詳しくは【下の画像】をクリックして詳細をご確認ください。




    関連記事

    1. 猫背の最大の原因はコレだ!SFL改善で姿勢矯正 (アナトミー…

    2. 整体で姿勢は改善されるのか!?

    3. 気功じゃない!遠隔治療整体の原理

    4. 腰痛改善ストレッチ!安全に行なう方法

    5. 健康に良い食生活って?食事制限でダイエットする前に知っておく…

    6. 【マッサージ・整体】理想の頻度は?

    Facebook

    PAGE TOP