緊張型頭痛はマッサージ屋さんで改善されるのか?

マッサージ, 頭痛

緊張型頭痛でお悩みの方は、症状がヒドイ時にマッサージ屋さん(リラクゼーション店)でマッサージを受ける事があると思います。私自身がリラクゼーション店で働いている時は、女性の緊張型頭痛の方はよく見かけました。では、実際に緊張型頭痛を持っている人がマッサージ屋さんに行って良くなるのか?の話をさせて頂きます。

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛は首こり・肩こりが原因で、血流が悪くなり代謝産物が溜まる事で起こるとされています。その為に一番手っ取り早いのが、「首・肩を解す為にマッサージを受けに行く」と言う考え方です。

緊張型頭痛は主に僧帽筋(肩の筋肉)頚部伸筋群(首の後ろ側の筋肉)が原因とされています。その為に、この2カ所を解すと良いとされています。

【参考:緊張型頭痛の治し方は、ストレッチが良い

マッサージ屋で出来ること

一般に言うマッサージ屋は、厳密に言えばリラクゼーション店です。※分かり辛いと思いますので、以降マッサージ屋とさせて頂きます。

世間一般に言うマッサージを行い、筋肉を解す事ができます。圧迫法・軽擦法・強擦法・牽引法・揉捏法・クイック・ストレッチなどの基本手技や筋膜リリース【参考:筋膜リリース効果を上げる筋膜連鎖7ライン】などの手技を行い、筋肉を解していきます。

緊張型頭痛にマッサージ屋さんは良い?

「筋肉を解す」この1点においては知識は不要です。経験を積み、解す技術があるかどうか?が問題になってきます。個人差は有りますが、マッサージ屋の方が整骨院・整形外科よりも揉んでいる時間が長いです。「筋肉を解す」事においては、マッサージ屋さんの方が上手にできます。

筋膜連鎖などを診ているか?

人間の身体は全身が複雑に関係しあっています。僧帽筋や頚部伸筋を解す時も、そこを触るよりも繋がっている筋肉を解すのが優先の時も多々有ります。一番有名な全身の繋がりは中国医学の経絡(ツボなど)です。次に有名になってくるのがアナトミートレイン・筋膜連鎖です。

緊張型頭痛の原因を解消できない

マッサージ屋さんでは、緊張型頭痛の根本を治す事はほぼできないです。(一部国家資格者や詳しいスタッフが居ます)その瞬間楽になりたい方は、マッサージ屋さんでも十分です。

ただし、翌日・早ければ数時間後には緊張型頭痛の症状は現れてきます。

根本的に緊張型頭痛の症状、頭痛・めまい・吐き気などを改善するには、原因である所を治さなければなりません。マッサージを受けた後の持続時間も、原因を取る事を優先した方が長持ちします。

緊張型頭痛には整体院?

緊張型頭痛には整体院が一番向いていると思います。整体院と掲げる以上は、ある程度の解剖学などの知識があり、根本改善の為の施術を目的としている場合が多いからです。マッサージ店では、原因に対しての施術が行われなかったり下手な場合はめまいの悪化をさせてしまいます。

緊張型頭痛に鍼灸整骨院は?

鍼灸整骨院の場合は、健康保険を適応される場合が多いです。(本来は緊張型頭痛に使ってはいけませんが、他の症状として処理されます)健康保険が使える為に、安く・国家資格レベルの施術を受ける事ができます。また、針やお灸ができるのが最大のメリットです。

針やお灸の方が早く筋肉を解せる場合も多く有ります。また鍼灸師さんは経絡を習いますので、全身からの視点でもアプローチされる可能性が他よりも高いです。

唯一のデメリットは、「施術時間が短い」マッサージ・鍼灸合わせても20~30分程度+機械がベースになります。全身の原因を特定し、改善していくには時間が短い場合も多々あります。

緊張型頭痛に病院は?

もしあなたが緊張型頭痛になったのなら、マッサージ屋でも、整体院でも、鍼灸整骨院でもなく、この病院に行くべきです。なぜなら、緊張型頭痛かどうかを診断できるのは医師だけだからです。他の国家資格所持者は、見立てレベルの扱いになります。

この緊張型頭痛と思っていて、脳の疾患だった場合のリスクを考えると病院は必須です。

お薬の処方ができるのも医師だけですので、そういった意味でも病院が最優先で行く所になります。病院に行く時間がなく、市販薬を探される方は【参考:緊張型頭痛・めまいのおすすめ治療薬】をご参考下さい。

デメリットは、「診察時間が短く、検査が雑になりがち」「マッサージは基本的に受けれない」

整体院のデメリットは、「料金が割高」「技術差が激しい」と言った所です。

おすすめコンテンツ

【後頭部・こめかみ 場所別頭痛の解消法】

【緊張型頭痛は何科の病院に行けば良い?】

緊張型頭痛のセルフマッサージ

肩こりによる頭痛。緊張型頭痛でお悩みの方は多いと思います。根本の解決が良いけども、「今この瞬間楽になりたい!」そういう場面もあると思います。お薬でもお身体に合う合わないがあります。【参考:緊張型頭痛・めまいのおすすめ治療薬

温めるか冷やすかも大事なケアの方法になります。【参考:緊張型頭痛は冷やす?温める?】それでも、何もない場所ではどうしたら良いのでしょうか?即効性のあるセルフマッサージをお伝えします。

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛は肩こりやストレスによって起こる慢性的な頭痛のことです。症状は数分間から数ヶ月間と、かなり長い間鈍痛(鈍い痛み)が続きます。世間一般で「偏頭痛持ち」と言う人が居ますが、ほとんどの場合は緊張型頭痛です。実際に慢性頭痛の90%は緊張型頭痛だとするデータもありました。

更に詳しくは【緊張型頭痛とは

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛の特徴は、他の慢性頭痛である偏頭痛・群発性頭痛に対して長い事です。そして痛み方にも特徴があり、「ズキズキ」する拍動性の頭痛ではなく「ズーン」とくる様な重たい鈍い痛み方をします。ストレッチ痛を起こしている場合に限り、ストレッチに似たツッパリ感を感じる方もいます。

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛の原因は肩こりが主に成ってきます。肩こりと言えばマッサージをイメージされるでしょう。実際にマッサージ屋さんで働いていると、肩こり+頭痛の方はかなり多く来られます。肩がこると血流が悪くなり代謝産物が溜まったり、プロスタグランジンと言う物質が現れます。その結果、化学物質性の痛み方である「ズーン」とくる重たい痛みになるのです。

緊張型頭痛に影響のある筋肉

緊張型頭痛は他の頭痛と違い、筋肉のこりが主な原因となります。【参考:緊張型頭痛・吐き気、めまいを改善するには】この原因となる筋肉は大きく分けて3つです。

僧帽筋上部繊維

肩の筋肉の代表格です。肩こりと言われると真っ先に思い浮かべられる筋肉です。肩の上側にあり、とても大きい筋肉なので、動きが悪くなり血流も悪化すると緊張型頭痛を起こすとされています。後頭部から肩先まで繋がる筋肉ですので、後頭部に出る頭痛の場合はこの僧帽筋のストレッチ痛も疑います。

頚部伸筋群

首の後ろ側にある筋肉でして、首を起こす際に用いられます。最近はスマホの普及で、スマホネック・ストレートネックと呼ばれる人も増えました。首が前に出る2つの症状をお持ちの方は、この頚部伸筋群に負担がかかり易いです。コチラも後頭部にストレッチ痛を発生させます。

胸鎖乳突筋

首の前側に有り、様々な動きに関与します。側頭骨(頭の横側の骨)の乳様突起と言う、耳の裏にある出っ張りにくっつきます。その為に硬くなると、内耳器官(三半規管などバランス感覚に関与)の異常や頭・顔の骨の歪みを生み出す原因となります。

緊張型頭痛のマッサージ

マッサージは場所を的確に押さえるのが難しい場合があります。その時に役に立つ手技が筋膜リリースです。基本のやり方は、目標となる筋肉で痛い所(ツボ押しの様な)を指で押さえながら動かすという流れです。

僧帽筋の筋膜リリース法

肩の筋肉

片手で反対側の肩に刺激を入れます。

①人差し指と中指を合わせた物を、肩に押し当てます。

②少し動かすと痛い所があります。

③そこを押さえたまま、首を横に倒したり首を振って下さい

④動かすたびに痛みが出るはずです。

⑤繰り返し行い、痛みがマシになるまで続けて下さい

頚部伸筋の筋膜リリース法

首の後ろ側

両手の指を組んでください

①手の平が首に当たる様に、手を首の後ろに置いて下さい

②両方の親指を立てて、首の骨を挟む様にします

③痛いと思う場所を押さえたまま、首を曲げたり伸ばしてりして下さい

④動かすたびに痛みが出るはずです。

⑤繰り返し行い、痛みがマシになるまで続けて下さい

胸鎖乳突筋の筋膜リリース法

首の筋肉

指4本をまとめて、反対側の首に置きます

①指の腹全体で、首の前・横側を押さえます

②ツーンと来る所を見つけてください

③痛いと思う場所を押さえたまま、首を横に倒したり左右を向いて下さい

④動かすたびに痛みが出るはずです

⑤繰り返し行い、痛みがマシになるまで続けて下さい

緊張型頭痛にマッサージ以外の方法

緊張型頭痛にマッサージも悪くないですが、もう少し効果を上げてセルフケアし易い物があります。

緊張型頭痛の治し方は、ストレッチが良い】ストレッチは細かく解剖学が頭に入っていなくても、ある程度正確に筋肉を緩めることができます。マッサージとは違い、効果の持続時間が長いのもメリットです。

少し変わった発想ですが、食生活からも緊張型頭痛の対策はできます。食べ物による影響はなかなかバカには出来ません。【緊張型頭痛を予防する食べ物 3選】当院では食事の内容も大切にしています。内臓の負担から筋肉や骨格にも影響があります。

どうしようもない時は痛み止めが一番です。病院が開いていない時でも大丈夫なように市販薬を常備するのもおすすめです【緊張型頭痛おすすめ市販薬】ですが、お薬は長期的に飲むとお身体に悪いです。緊張型頭痛の場合は、マッサージやストレッチで対応する方が後々良いと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧