姿勢を改善するのに筋肉は必要ない

姿勢を改善したい人は、世の中にはたくさん居ると思います。姿勢の改善は細かく見ると、かなり複雑で根本的に改善するには専門的な知識が必要になってきます。この専門家から見て、世間一般のよく間違える姿勢の正し方は「筋肉を使って姿勢を改善する」です。なぜコレが間違いなのか?この姿勢を改善する上で、重要な筋肉とは何なのか?

姿勢が悪いデメリット

姿勢が悪いとデメリットばかり! 今すぐできる姿勢に良いコト】ストレッチポールオフィシャルブログにある通り、姿勢が悪いとデメリットはかなり多くなります。

 

①姿勢が悪いと太る

姿勢を正すとダイエット効果が!?】にもありますが、姿勢の改善だけで痩せ易さと言うのは変わります。人間が脂肪を燃やす=エネルギー代謝する内訳は、基礎代謝+運動代謝です。運動代謝はかいて字のごとく、スポーツなどの運動で消費させるエネルギーの事です。これはその時限定で、積み足していくことが出来ないのでやせ易さに影響はありません。問題は基礎代謝です。大まかに言うと「寝てても消費するエネルギー」何をしていても必ず消費するエネルギーの量です。これは体質の改善や生活の改善で十分に変わって行きます。この指標として分かり易いのは基礎体温です。基礎体温が高い=常に燃やしているエネルギーが多い と言う事です。この基礎体温・基礎代謝を上げるにはどうすれば良いのか?その答えの1つが姿勢の改善です。姿勢が良くなると周辺の筋肉の緊張も弱まり、血流がよくなります。血流が良いと言う事は、全身の細胞の隅々まで酸素などの脂肪燃焼に必要な物質を送れると言う事です。姿勢を改善し、筋肉の状態を良くする事で痩せ易い体質に変わって行きます。

 

②姿勢が悪いと腰痛などが出る

姿勢が悪い結果として出てくる症状はたくさんあります。腰痛は姿勢の影響をかなり受けています。腰骨は本来動かして良い範囲と言うのが決められています。姿勢が悪いせいで、その位置から逸脱してしまうと神経に触れたり、筋肉に緊張が出たりします。姿勢が悪く腰痛の出ている人は、筋肉をほぐす前に姿勢を改善して関節の位置を元に戻すと良かったりします。腰痛以外にも肩こりや膝の痛みも姿勢の悪さから来ます。姿勢が与える影響は全身に大きく出してしまうのが怖いところです。症状は筋肉骨格だけではありません。【姿勢を正すと全身に効果が!?内臓にまで影響する理由とは】にも有るとおり、内臓への影響もあります。骨格によって消化器・泌尿器・呼吸器・肝臓への負担がかかる姿勢と言うのがあります。これは中国医学で言う所の四証論という考え方と似ています。同じく肝虚・脾虚・腎虚・肺虚と分けられており、中国医学では生まれもっての体質と認識されています。姿勢を改善し、筋肉の状態をよくして症状を抑えましょう。

 

③姿勢が悪いと精神にも

姿勢が悪くなると精神にも影響があるのは、研究で証明されています。人は見た目から影響を受ける生き物です。姿勢が悪くうつむき気味ですと、気持ちもうつむき気味になりやすくなります。例えば、今あなたが落ち込んでいる時を全身で表現して下さい。肩が落ちて、目線は下気味になり、猫背が少し入ったのではないですか?気持ちから姿勢への影響があるのはご理解頂けたと思います。この逆作用もあると言う説明では納得いかないと思います。もう1つ姿勢が悪いと精神に影響を与えるメカニズムがあります。自律神経を知っていますか?自律神経は交感神経と副交感神経を合わせた物で、コレが乱れることで自律神経失調症になります。自律神経失調症になりますと、全身の内臓への影響が出てきます。また交感神経・副交感神経は、脳から見ても興奮状態・沈静状態の意味になります。この自律神経の調節を行なっているのが、背骨の近くにある自律神経節なのです。背骨の近くにありますので、姿勢が悪くなり背骨の位置がズレると自律神経節に刺激を入れてしまいます。その結果として、交感神経が優位になったりします。姿勢 特に頭~仙骨までの背骨のラインは改善することで、精神にも良い影響が出てきます。

 

姿勢改善するとは

良い姿勢とはどんな状態でしょうか?説明できますか?「背筋が伸びている」「胸が張っている」「重心が真ん中を通っている」良い姿勢にも様々な言い方があります。今並べた物は良い姿勢ではありません。見かけ上は良くても、身体に対して悪い場合があります。姿勢を改善するには、正しい良い姿勢を知る必要があります。

良い姿勢とは、力を最小限に抑えて立てる姿勢です。

 

 

この様に姿勢が良くするには、筋肉の力は必要ありません。むしろ悪くする原因です。姿勢を悪くする筋肉はありますが、姿勢を改善する筋肉はありません。(相対的に言えばありますが)

筋膜は簡単に言えば筋肉を包んでいる膜です。実際にはもっと複雑なネットワークを形成しているのですが、簡単にわかりやすくいえば筋肉を包む膜と考えるとイメージがしやすいです。

そして筋膜は内臓や骨格を支えています。身体のバランスが歪むというのは、実は筋膜が縮んだり、必要以上に引っ張られたりして緊張している状態です。

ですから身体の歪みを解消するためには、筋膜の異常を整えてやればいいのです。【筋膜整体

筋肉や筋膜が全身のバランスを崩すと言う考え方です。僕はどちらかと言うとコッチの考え方ですね。筋膜について詳しくは【筋膜リリース効果を上げる筋膜連鎖7ライン

姿勢を悪くする筋肉

姿勢を悪くする筋肉はたくさんあります。猫背だけでも、腹直筋・大胸筋下部繊維などが1次原因。更にそこから各々数種類の原因に広がっていきます。【猫背姿勢の原因3選】他にも下半身の筋肉の硬さから、骨盤のズレが発生したり姿勢の崩れは出てきます。専門家の元で原因を正確に確認し、整体などでケアしてあげると良いです。特に骨盤はかなり複雑ですので、マッサージ屋がしている様な骨盤矯正ではケアが難しいです。骨盤のズレに関係する1次原因の筋肉は、大腿筋膜張筋・大腿直筋・中殿筋・大殿筋・梨状筋・脊柱起立筋群・腰方形筋・大腰筋・腸骨筋・腹直筋・腹斜筋は最低でも見ないといけない筋肉になります。更に他の組織であったり、運動連鎖であったり、2次原因・3次原因を見定めるのは難しいと思います。

 

姿勢を悪くする筋肉ケア

猫背姿勢の原因、大胸筋下部繊維のケアの方法です。筋トレしても付き辛い筋肉ですが、運動不足が重なると硬くなるので要注意です。

 

 

 

姿勢を改善する為のコンテンツ

西宮市で姿勢矯正に強い整体院

姿勢を正すと全身に効果が!?

姿勢改善ストレッチで、キレイな姿勢に

関連記事

  1. 姿勢を良くするストレッチポールの使い方4選

  2. ストレートネックが原因?緊張型頭痛の実は

  3. 整体で姿勢は改善されるのか!?

  4. 産後の整体は必要なのか?

  5. 整骨院でマッサージ受けると詐欺罪!?

  6. 西宮の整体院で骨盤に強い所は?

PAGE TOP