緊張型頭痛に良いストレッチは?

緊張型頭痛に良いストレッチはありますか?
良いストレッチはありますよ

緊張型頭痛にストレッチ

緊張型頭痛の原因は肩こり・首こりです。根本的な解決には、整体などで姿勢矯正したり動きを改善しないといけません
ただしご自宅でできるセルフケアとして、ストレッチをするコトで症状を押さえ込めるケースもあります。
少なくとも対症療法として、その場の頭痛を抑えれる効果が期待できます。

緊張型頭痛の原因は?

ストレッチをしようにも、原因になっている筋肉ではない所を伸ばしても意味がありません。
緊張型頭痛に直接影響を与え易い筋肉は3つあります。

①コメカミなど頭の横側に頭痛が出る場合
【斜角筋・胸鎖乳突筋】が原因であるコトが考えられます。
②耳のウラ近くに頭痛が出る場合
【僧帽筋】が原因であるコトが考えられます。
③後頭部に頭痛が出る場合
【頚部伸筋郡】が原因であるコトが考えられます。

※あくまでご自身で診る基準です。正確に捉えるには専門家に任せて下さい。

ご自身の原因が分かれば、それに対応するストレッチを行なって下さい

斜角筋・胸鎖乳突筋のストレッチ

この両筋肉のストレッチは非常に難しいです。しっかり首の前側が伸びる実感を見つけて行なって下さい。

【座るか立つ姿勢で行ないます】(右を伸ばす場合)
①左に顔を向けます
②胸は前を向いたまま、左に頭を傾けます
③右肩を落とすと更にストレッチがかかります
この体勢で、深呼吸を数回行ないます。

 

僧帽筋のストレッチ

参考動画をyoutubeにあげていますので、コチラを参考にして下さい。

シュラッグ

【座るか立つ姿勢で行ないます】
①両肩を真上に持ち上げます(斜め前に成らない様に注意)
②そのまま5秒間キープします
③力を「フワッ」と抜き、肩を落とします
この動きを5~10回行います

このシュラッグは、肩こりで疲れが溜まっている時にもおすすめのセルフケアです。

僧帽筋ストレッチ

【座る姿勢で行ないます】
①伸ばす方の手をお尻で踏みます
②反対側に頭を倒します(真横か少し前程度)
③残っている手を頭に乗せます(引っ張らない様に)
この状態を30秒間維持してください

このストレッチは、筋肉の繊維自体も伸ばせるので再発予防にも良いストレッチです。

 

頚部伸筋郡のストレッチ

頚部伸筋郡は1つの筋肉ではなく、複数の筋肉をまとめた言い方です。細かく見るとそれぞれのストレッチがありますが、今回は全体的に伸ばすストレッチをご紹介します。

【座るか立つ姿勢で行ないます】
①姿勢を伸ばし、首は下を向きます
②後頭部に指を組んだ手を乗せます
③首も腕も力を抜きます
この状態を30秒間続けます
※戻す時は必ずゆっくり戻してください

分かりました。ストレッチ頑張ります。
ストレッチの副作用は忘れないで下さいね

ストレッチの注意点

ストレッチでは筋肉を伸ばしますが、筋肉のバランスを考えずに伸ばすと不調を起こすコトもあります。全身の筋肉はバランスが大切です。同じストレッチを続けると伸び過ぎる危険があります。
またストレッチのフォームを間違えると、骨格のズレを起こす危険もあります。
出来る限り専門家の元でストレッチを教えて貰ってから行なって下さい。

緊張型頭痛は専門家の元で

ストレッチはあくまで対症療法と思って頂いた方が良いです。また直接影響を与える上の3つの筋肉を伸ばしても、その更に原因になっている骨格異常や筋肉の硬さが取れなければ再発します。
緊張型頭痛を筋肉・骨格から改善されるなら、専門家である整体院に一度相談して下さい。

緊張型頭痛を診ている整体院か?ホームページで確認してから行きましょう



頭痛にお悩みの阪神西宮駅に来れる【大阪~神戸にお住まいの方】

泰楽(やすらぐ)整体院は、阪神西宮駅から徒歩4分にある頭痛に詳しい整体院です。

姿勢などの骨格だけでなく、動きを専門的に直すMFアプローチで頭痛にアプローチします。

詳しくは【下の画像】をクリックして詳細をご確認ください。

阪神西宮 頭痛 整体


頭痛に整体がおすすめな理由  緊張型頭痛とは

    関連記事

    1. 西宮 頭痛 バナー

      頭痛は何科の病院に行けば良い?

    2. 緊張型頭痛はマッサージ屋さんに行くべきか?

    3. 西宮 頭痛 バナー

      【後頭部・こめかみ】頭痛の場所が複数なら混合型頭痛かも

    4. 緊張型頭痛・肩こりにデパスは良いのか?

    5. 緊張型頭痛を食べ物で予防

    6. 緊張型頭痛・めまい・吐き気を改善するには

    Facebook

    PAGE TOP