緊張型頭痛の治し方は、ストレッチが良い

整体, 肩こり, 頭痛

緊張型頭痛の治し方も様々あります。その中でもセルフケアで取り入れ易く、得られる効果が大きいのがストレッチです。緊張型頭痛の方にはストレッチで、肩や首周りのケアをおすすめしています。頭痛が辛くて整体院に行く前に、お金のかからないストレッチで緊張型頭痛のケアしませんか?

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛は、頭痛の最も一般的なタイプで約90%を占めていると言われます。人口の約3%は慢性的緊張性頭痛を持っているとされます。肩こりから来る頭痛として広く認識されている頭痛の形です。

更に詳しくは【緊張型頭痛とは

緊張型頭痛の原因

主だった原因は肩こりから来ています。他にもストレスによる影響も言われています。

肩こりになりますと、血流が悪くなったり、関節への圧力が増えたりします。その結果が、緊張型頭痛として「肩こりが酷くなったら頭痛が出る」と言う自体に陥ってしまうのです。

気を付けないといけないのは他の頭痛との鑑別(見分ける事)です。「ただの片頭痛」と油断していると脳に大きな問題がある時もあります。その危険があるからこそ、一度は病院にて医師の診察を受ける事をオススメします。

緊張型頭痛の症状

頭の周りを締めつけられるような鈍い痛みが数分間~数日間続きます。肩こり首こり、めまい、ふらつき、吐き気、全身のだるさなどを伴うこともあります。

緊張型頭痛の治し方にストレッチ?

緊張型頭痛の原因は肩こりとされています。この肩こりの解消法として、マッサージや運動やストレッチがあります。マッサージの場合は1次的には、良く解れて楽になります。ですがよく聞くのは「2.3日で元に戻る」と言う現実です。効果は長続きして欲しいですよね?

運動は本来は1番良いと思います。ですが緊張型頭痛を起こすほどの肩こりの人は、肩周りの筋肉が上手いこと動かせていません。急に運動をすると逆に肩こりを起こしたり、ケガをするリスクが高まります。

ストレッチにもデメリットはあります。【伸ばす必要がない所を伸ばすといけない】【伸ばす所を間違え易い】などです。しかし他に比べると効果の持続時間とリスクのバランスが良いです。

ストレッチの基本は【ストレッチの効果最大化!持続時間や回数はどうする!?】をご参考下さい。

僧帽筋のストレッチ

僧帽筋は肩の筋肉の代表格です。この僧帽筋に傷みや辛さが出てる場合は、後頭部にも痛みが出ているかも知れません。その場合は緊張型頭痛と言うものになります。今回は緊張型頭痛にも影響の出る、僧帽筋のストレッチ方法をご紹介します。

僧房筋 頭痛

僧帽筋が原因!?

緊張型頭痛の場合は、僧房筋が原因の比率は大きくはありません。それでも緊張型頭痛の負担にもなりますし、肩こりの原因になりますのでストレッチなどでケアをする必要があります。

当院からの簡単なストレッチ動画

緊張型頭痛の治し方 僧帽筋ストレッチ

①僧帽筋動的ストレッチ

シュラッグと呼ばれるものです

座った姿勢や立った姿勢で

①肩を真上に持ち上げます

出来る限り、肩を縮めない様にして下さい

②力を抜いて下ろします

③コレを10回程行ってください

②僧帽筋静的ストレッチ

イスか地面に座ってください。

①片方の手をお尻で踏んでください

②反対側に真横方向へ頭を倒してください

③残った手を頭の上に乗せてください

④この状態を30秒キープして下さい

緊張型頭痛の治し方 頚部伸筋のストレッチ

頚部伸筋は首の後ろ側にある筋肉です。この筋肉はストレートネックの人に特に強く現れる原因の筋肉になります。頭の後ろの方に起こる緊張型頭痛の原因となります。

頚部屈曲ストレッチ

座った状態になります

①指を頭の後ろで組みます

②そのまま手のひらを頭に当てて、下を向きます

③両手の重みで首の後ろ側がストレッチされます

④この状態を30秒続けて下さい。

緊張型頭痛の治し方は・・・

元も子もないのですが、病院に行かれるのが最優先です。【緊張型頭痛は何科の病院に行けば良い?】緊張型頭痛と思っていても実際は違う危険性もあります。また病院ではお薬の処方もできるので、一時的にでも大きく症状を抑えるのに適しています。

病院に行っても治らない時は、今回ご紹介したストレッチや近隣の整体院をお試し下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧