未病ケアの和

未病ケアの和 精神科の闇について勉強会

運営する【未病ケアの和】では、健康従事者の知識・スキル強化を行なっています。本日は「精神科領域の闇についてです」僕自身が精神科で辛い思いをし、大切な人を薬漬けにされて憤りを覚えています。

メンバーの方々と共に、厚生労働省の正式な統計データなどから見る

精神医療・精神薬学がいかに危険で、効果の期待ができないのかを学びました。

未病ケアの和 勉強会

お借りしている資料の中で最もライトな物でしたが、それでも参加者は1時間でダウン・・・。それだけショッキングな内容でした。

精神医療の闇

内容の一部を公開します。

精神科・精神薬の危険性についてです
・精神科入院患者 32万人
・一カ月で退院する人が200人
・一ヶ月で院内死亡した人1500人
有名抗うつ剤の○○は
・効果が確認されてない
・うつの悪化
・自殺したくなる
・攻撃性が増す
(制作会社が公表)
副作用の発症率68.5%
自殺企図は0.32%→年間8400人が自殺したくなってる

私たちに何ができるか?

合間にメンバーとディスカッションを行いました。医師会・薬剤師会の権力の為に、この様な愚行が行われていると思われますが僕らにできない話をしても意味がありません。

僕ら民間の健康従事者にできるのは、否定ではなく選択肢として精神医療=投薬 以外の方法を指し示す事です。

また少しでも、間違えた治療を受ける人を減らす為にこの危険性について草の根運動で広めるという事です。

ヘイトでは上手く行かない

人間は汚い物を見たくない生き物です。暴言やキツイ表現をすると、同じ考え方であっても見なくなります。周りの人にその言葉を広めよう=シェア しようと思えないです。

ならばヘイトをするのではなく、「こっちの方が良いですよ」と正しい道を指し示す方が良いのではないでしょうか?

実際問題、危機意識が高い僕がその手の団体をフォローしていない理由でもあります。

SNSなどで情報が多く入る時代ですが、目にする情報でストレス量は変わります。毎日暴言を見てると、攻撃的になりますしストレスフルです。

ポジティブな表現の投稿を見た場合は?つられてポジティブな気持ちになります。

精神医療業界を改善したいのであれば、ストレスをバラ撒く行為は避けるべきだと思います。

一歩ずつ前進しよう

もしこのブログを読んで、精神科医療の危険性を感じられたらSNSで発信してみて下さい。

精神科・精神薬の危険性についてです
・精神科入院患者 32万人
・一カ月で退院する人が200人
・一ヶ月で院内死亡した人1500人
有名抗うつ剤の○○は
・効果が確認されてない
・うつの悪化
・自殺したくなる
・攻撃性が増す
(制作会社が公表)
副作用の発症率68.5%
自殺企図は0.32%→年間8400人が自殺したくなってる
この事実を知る事で、あなたの大切な人の命を救えるかも知れません。