毎日の緊張型頭痛にはどうしたら良い?

肩こり, 頭痛

毎日続く頭痛。緊張型頭痛で悩まされている方や、肩こり・首こりで頭痛が出ないか心配している方も多いのではないでしょうか?寒くなると緊張型頭痛のリスクが高まってきます。辛い頭痛にならない為にも、どう対策したら良いのか?

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛は、頭痛の最も一般的なタイプで約90%を占めていると言われます。人口の約3%は慢性的緊張性頭痛を持っているとされます。肩こりから来る頭痛として広く認識されている頭痛の形です。

更に詳しくは【緊張型頭痛とは

緊張型頭痛の症状

頭の周りを締めつけられるような鈍い痛みが数分間~数日間続きます。肩こり首こり、めまい、ふらつき、吐き気、全身のだるさなどを伴うこともあります。

気を付けないといけないのは他の頭痛との鑑別(見分ける事)です。「ただの片頭痛」と油断していると脳に大きな問題がある時もあります。その危険があるからこそ、一度は病院にて医師の診察を受ける事をオススメします。

緊張型頭痛は毎日起こる

慢性頭痛の代表格は、偏頭痛・群発性頭痛・緊張型頭痛です。この中で毎日続く場合は、緊張型頭痛が一番疑わしいです。

偏頭痛や群発性頭痛も毎日起こる可能性はあります、しかし気圧の変化などの環境や体調の変化があった場合の話です。

肩こりは毎日続きますよね?緊張型頭痛の主な原因である、肩こりが毎日続く物なので緊張型頭痛も基本的に毎日起こります。

緊張型頭痛の原因

運動不足

運動不足によって筋肉を動かす事が減っていると筋肉は硬くなります。筋肉が硬くなり、血流が悪くなると緊張型頭痛を起こします。

毎日お身体を動かすことで、筋肉の状態を正常にしてあげれます。緊張型頭痛の予防の為にも、毎日適度に肩を動かしましょう。

デスクワーク

デスクワーカーは、同じ姿勢で作業を長時間続けています。長時間動かないと筋肉も硬くなり、血流が悪くなってしまいます。原理的には運動不足とほぼ同じです。

長時間のデスクワークが続くなら、定期的に肩を動かしたりしてケアして上げて下さい。お仕事はほぼ毎日あります。この毎日のケアが緊張型頭痛のリスクを下げるコトに繋がります

ストレス

ストレスによっても全身の筋肉は緊張します。また血流の調整を行っているのも、自立神経の働きですから更に悪化させてしまいます。

肩こりの予防法

肩こりの原因の1つに姿勢があります。姿勢が猫背などの状態ですと、肩に負担がかかってしまいます。普段から背筋を伸ばし、良い姿勢になるように努めましょう。

他にもストレッチで対応するのもおすすめです。ストレッチは短くなった筋肉を元の状態に戻してくれます。

なので肩こりによって、縮んでしまった筋肉を回復するのに良いです。

緊張型頭痛対策に毎日できること

緊張型頭痛に限らず、お身体の不調は毎日のメンテナンスが大事です。以下のコンテンツを参考にケアをして上げて下さい。

緊張型頭痛の治し方は、ストレッチが良い

緊張型頭痛は冷やす?暖める?

緊張型頭痛おすすめ市販薬

緊張型頭痛を予防するためには、心身のストレスを上手に解消することが大切です。日頃から適度な運動を心がけ、同じ姿勢を続けないように心がけましょう。仕事や勉強で長時間、机の前に座りっぱなしのことが多い人は、こまめに休憩をとって気分転換をはかり、ときどき背すじを伸ばすなどして、筋肉をほぐすように努めましょう。1日の締めくくりに、ゆっくりとお風呂につかったり、首や肩をマッサージするのも効果的です。ウォーキングやストレッチといった軽い運動を習慣化し、ゆったり、のんびりした時間をもつことが何よりの予防法であり、治療法でもあります。【ファイザー株式会社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧