坐骨神経痛には〇〇をマッサージ

お尻からモモウラまで、ヒドイとフクラハギまでシビレや痛みが来る坐骨神経痛。このしつこい不快な痛みに悩んでいる人も多いのでは無いでしょうか?病院や整骨院で原因を教えて貰って、施術や治療をして貰ってもなかなか治らない人もいます。

本当に腰が悪いから坐骨神経痛が出ているのですか?そもそも坐骨神経痛って特定の病名じゃないって知っていましたか?

坐骨神経痛で悩んでいる人も意外に知らない、本当にマッサージすべき場所は・・・。

坐骨神経痛とは

まずは坐骨神経痛とは何なのか知っていますか?頭痛と同じ症状の名前でしかありません。頭痛も緊張型頭痛・片頭痛・群発性頭痛・脳卒中など様々な病態があります。

同じ様に坐骨神経痛も、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群など様々な病態があります。違う病態なのに、同じ対処法・治療法で治るでしょうか?

こういった所から、簡単に治る坐骨神経痛が長引いてしまっています。

坐骨神経痛の症状

代表的な症状は、痛みとシビレです。神経の障害のされ方によって、シビレの強い人や痛みの強い人などあります。

症状の範囲も神経障害のレベルによるので、腰~足裏までの特定の部位に現れます。お尻だけの人、お尻からモモウラまで、腰からモモウラ、腰から足裏まで など様々です。

感覚が鈍くなるなどの違う形で神経症状をきたしているケースもあります。

坐骨神経痛の状態

ではこの坐骨神経痛はどんな状態なのでしょうか?

坐骨神経と言うのは腰から、骨盤の中を通り、お尻から出てきて、膝裏まで続きます。そこで枝分かれして、スネに行く物とフクラハギの中を行く物に分かれます。

この坐骨神経に何かが触れて、その働きを邪魔しているのが坐骨神経痛の状態です。この何かはヘルニアによる物だったり、脊柱の中の組織だったり、筋肉だったりします。

その神経に触れている物を取り除くのが、坐骨神経痛の治療において大切なコトになります。

本当に腰が原因?

【坐骨神経痛=腰から】と思われている方も多いですが、そうとも限りません。と言うよりも、腰から坐骨神経痛を起こしている方が珍しいです。腰に異常がないのに坐骨神経痛と言われる方が多いのはこの為です。

その場合は「腰に負担が掛かっているから」と言われますが、検査していないケースがほとんどです。腰の筋肉で坐骨神経痛を起こすのは、大腰筋と言う後ろからは触れない筋肉です。おそらくこの筋肉の緊張や大きさを検査されていないのではないでしょうか?

実際に筋肉で坐骨神経を傷害し易いのは、圧倒的に梨状筋と言うお尻の筋肉です。

坐骨神経痛は梨状筋から

梨状筋が原因で坐骨神経痛を起こすのを、梨状筋症候群と言います。この梨状筋と直ぐ隣にある筋肉の間を坐骨神経が通っています。

梨状筋がもし緊張して太くなるとどうなるか?坐骨神経の通り道が狭くなって、坐骨神経を挟んでしまいます。コレが坐骨神経痛が起こる原理です。

お尻で神経を圧迫しているので、坐骨神経痛はお尻から先がシビレる方が多いのです。そして治っていくのも、先のほうからお尻に向かってマシになっていきます。

梨状筋が硬くなる理由

坐骨神経痛・梨状筋症候群になる人の典型は、大柄の男性です。

カラダが大きいと支える力も大きくなります。お尻や腰によく負担が掛かる訳です。

更に男性は女性に比べて、ガニ股の人が多いです。梨状筋は膝を外に向ける、つまりガニ股にする筋肉です。このガニ股になりやすく、お尻に負担が掛かり易い大柄の男性が坐骨神経痛を起こし易いわけです。

コレはあくまで典型です。大切なのは梨状筋を緩めるコトができるのか?

後ほど【坐骨神経痛のセルフケア】にてその方法を少しご紹介します。

坐骨神経痛で腰痛が出る理由

なぜココまで【坐骨神経痛=腰から】のイメージが付いたのでしょうか?コレは実際に坐骨神経痛を起こす人は、腰痛持ちであるコトが多いからです。直接関係しなくても、同じことが原因で併発している場合が多いです。

まずは筋肉の繋がりから診ると、DFLSBLに梨状筋と腰は大きく関係しています。同じ所に原因がありますので、同時に腰痛と坐骨神経痛が起こるコトが多いのです。

次に逆から見る場合になります。梨状筋症候群を起こし、足やお尻が辛くなると変な歩き方になります。この普段の生活と違う動きが原因で、後から腰が痛くなる場合もあります。

最後に忘れてはいけないのが、本当に腰が原因である場合です。前述の通り、ヘルニアや脊柱管狭窄症でも坐骨神経痛は起こります。決してこの腰が原因であるケースを忘れない方が良いです。

坐骨神経痛のセルフケア

坐骨神経痛の時にお尻を解すと良い場合があるのはご理解頂けたと思います。マッサージ屋さんに行った時にお願いするのも1つですが、ご自宅でケアできた方がコストも掛からずおすすめです。

坐骨神経痛となると原因は様々なのですが、今回は梨状筋が原因であった場合のご説明をします。

坐骨神経痛にマッサージ

坐骨神経痛の時にほぐして欲しい梨状筋はご自分では触り辛い所にあります。なのでセルフケアとしては、次からご紹介しますストレッチと筋膜リリースをおすすめします。

ではマッサージ屋さんの場合はどうすれば良いのか?梨状筋は大腿骨から仙骨に繋がります。股関節の横側に骨の出っ張り(大転子)があります。そこから仙骨つまり、腰と両お尻の筋肉の間にある骨っぽい所まで繋ぐのが梨状筋です。

触り慣れない人は、その辺りを立てに揉むと割りと太い筋肉の感触がして見つけれると思います。

この部分を圧迫するなり、揉んで緩めてあげると良いです。

坐骨神経痛にストレッチ

梨状筋はガニ股にする筋肉と前にご紹介しました。ですが実は正確に言うと違うのです。

股関節が伸びている状態なら、ガニ股にする筋肉ですが、股関節が曲がっている時は、内股にする筋肉なのです。

この仕組みを使うと2つのパターンのストレッチが行なえます。

うつ伏せ・内旋ストレッチ

まずはうつ伏せになります。

①両膝を90度曲げます

②両足を外に開くように動かします。

③お尻が伸ばされた感触がしたら戻します。

④この動きを20回ほど行うと良いです。

仰向け・屈曲外旋ストレッチ

仰向けに寝転がります。

①片足を持ち上げ両手で抱えます

②膝を外に向けます

③膝を外に向けつつ、股関節を曲げていきます

④ストレッチのかかった所で20秒ほど止めます

坐骨神経痛に筋膜リリース

本当の筋膜リリースとは違い、一般に言われている筋膜リリース(棒やボールを押し当てる)物をご紹介します。用意するのはコブシ大のボールです。例えばテニスボールですね。

 

①座った状態から、ボールを片方のお尻の下に置きます。

②少しカラダを動かし、コロコロ転がしてください。

③痛いと感じる所で少し止めて下さい。

④また動かして、次に痛い所に同じ様にして下さい。

 

この筋膜リリースは下手なマッサージ屋さんに行くより楽になります。

また「痛すぎる」などの強さの調整が必要な時でも使い勝手が良いです。ソフトボール・テニスボール・軟式野球ボール・硬式野球ボール・ゴムボールなど似た大きさで硬さの違う物があります。

その人の段階に合わせてボールを選ぶと良いです。

おすすめコンテンツ

阪神西宮でマッサージ

整体やマッサージでおカラダを預ける以上、そのお店が「本当に良いのか?」心配だと思います。

実際に行って確かめるのが一番なのですが、その最初の1歩が難しいですよね?そこで当院の特徴をお伝えしようと思います。

①実績のある施術者

国家資格柔道整復師を始め、カラダに関する資格を取得しています。整形外科・鍼灸整骨院で実費でのカラダのケアをしてきました。マッサージ店2店で店長業務に就き、スタッフに技術指導も行なっていました。歴代指名件数1位を獲得するなど結果も残してきました。

②完全個室

周りの音や人を気にしなくても良い様に完全個室で行ないます。ベッドやアメニティにも気を使い、「あったらいいな」を集めました。最後にお出しするお水は、出来立ての水素水です。揉み返し予防やデトックスにもおすすめです。

③物腰が柔らかい

整体院ですので、怖い・職人気質な先生を想像される方も多いと思います。私は飲食店などで接客業もしてきましたので、職人気質でぶっきらぼうな人ではありません。先生よりも、藤田さんと呼ばれる様に近しい感覚であろうとしています。

「こんな症状でも、改善できるの?」などご質問が御座いましたら
下のお問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。

手が空き次第、ご返答させて頂きます。

症例別ページ

おすすめ記事

※伝わり易い様にマッサージとの文言を使用しています。しかし按摩指圧師では有りませんので、あくまで慰安の揉み解しと思ってください。

この内容で送信します。よろしいですか?