坐骨神経痛に痛み止め【市販薬】

整体, 腰痛

腰から足にかけてのシビレ・神経痛【坐骨神経痛】。この辛い症状と戦っている所ですか?

「坐骨神経痛を根本から改善する」それが一番ですが、治療過程で辛い時期を乗り切るには痛み止めが欲しいですよね?

今回は坐骨神経痛に良い痛み止め【市販薬】と、それに関わるコトをご紹介します。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛 

坐骨神経は腰から出てきて、お尻・モモウラ・膝下にかけて支配する神経です。感覚神経も運動神経も含まれますので、障害されるとシビレ感や痛みや脱力感などが現れます

この坐骨神経の途中で、何かから圧迫を受けたり損傷すると坐骨神経痛という形で現れます。

よくある原因に【椎間板ヘルニア】【脊柱管狭窄症】【梨状筋症候群】などあります。

 

坐骨神経痛に痛み止め?

整形外科を受診して、【坐骨神経痛】と診断されても痛み止めを処方されるのがほとんどだと思います。もちろん原因にアプローチしないので、痛み止めでは坐骨神経痛は治りません

でも、「どうしても痛い」「少しでもマシにしたい」そんな方には、痛み止めも必要だと思います。

 

市販薬と処方薬の違い

<要指導医薬品・第1類医薬品>
処方薬と同じ有効成分をもちますが、処方薬の1/2〜1/3に抑えられているものもあります。

<第2類、3類医薬品>
ひとつの薬にさまざまな有効成分が入った総合的な薬です。合併症や副作用が起こらないように安全な用量で作られています。

簡単に言いますと

  • 処方薬は医師の診断の元出されるお薬
  • 市販薬はドラッグストアなどで購入できるお薬

成分に大きな違いがある訳ではないのですが、多少は変わる物もあります。また保険適応されるかどうかの違いがあるので、処方薬の方が比較的安く手に入ります。

 

市販薬の痛み止め

緊張型頭痛おすすめ市販薬】とほぼ同じ形になります。頭痛薬も痛み止めの部分が強いので、坐骨神経痛でも痛み止めとして有効な場合が多いです。

【画像クリックでamazonに飛びます】

バファリン

一般的に広く使われているものは、非ピリン系のアスピリン(アセチルサリチル酸)です。古くから使われている鎮痛剤の成分で、即効性と持続性に優れています。「頭痛にバファリン」と聞きなれたお薬ですね。坐骨神経痛にも痛み止めとして有効です。

バファリン 坐骨神経痛

 

ノーシン

アセトアミノフェンは、アスピリンよりも胃腸への影響が少なく、最も副作用が少ないもので、子供が飲んでも安心です。お薬で副作用が出易い人や、小さいお子様にはコチラの痛み止めが合うと思われます。

ノーシン 坐骨神経痛

イブ

イブプロフェンは、副作用も少なく、比較的持続性も高いです。炎症を伴う痛みを和らげる効果が高いです。イブは生理痛の痛みとめとして、女性はなじみのある方も居るかも知れません。

イブ 坐骨神経痛

ロキソニン

市販薬の中では最も炎症を抑える効果が高いと言われています。比較的即効性も高いのですが、持続性はあまりありません。坐骨神経痛の痛み止めの中でも、強力な鎮痛剤となります。

余談ですが、私が身体を酷使していた頃は、湿布と塗り薬と飲み薬は常備薬になっていました。強力な反面、胃腸が荒れる副作用でも有名なお薬ですね。

ロキソニン 坐骨神経痛

痛み止めは一時しのぎ

忘れては行けないのは、「痛み止めは坐骨神経痛を治す物ではない」と言うコトです。あくまで痛みを止める物ですので、坐骨神経痛の原因であるヘルニアなどが良くなる訳ではありません。

治療目的と言うより、その場の一時しのぎと割り切ってください。

 

坐骨神経痛を治すには

坐骨神経痛を治すには、原因である物を取り除かないといけません。上述の通り、原因は様々ですので専門家に診て貰うようにしてください。

「どこに行ったら良いのか?」【知らないと危険!整形外科・整骨院・整体院の違い】にもある通り、基本的には整形外科が最優先になります。
次に鍼灸整骨院でも坐骨神経痛のケアができます。

私たち整体院は、他のどこでもよく成らなかった場合の選択肢だと思ってください。

 

おすすめコンテンツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧