腰痛

坐骨神経痛が産後に起こったら

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”6.png” name=””]出産してから、坐骨神経痛になりました [/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”5.png” name=””]産後に坐骨神経痛になり易いので、産後骨盤矯正が勧められています [/speech_bubble]

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛

坐骨神経と言うのは、腰から出てお尻やモモウラを通り膝裏までにある神経です。この坐骨神経が傷害されると、神経痛・シビレ感・感覚が鈍くなる・動かし辛い・ダルイなどの症状が出ます

坐骨神経痛はあくまで疾患名ではなく、症状の名前です。なので坐骨神経痛も、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群 など原因が複数有ります。

産後の状態

産後のおカラダは、妊娠期間中のおカラダの状態を考えると分かり易いです。

お腹にお子様がいるので、腰が前に引っ張られている(反り腰)
出産の為に骨盤が開いている
その他全身への影響

これらが出産後も残ったのが、産後のおカラダの状態なのです。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”5.png” name=””]この骨盤が問題です [/speech_bubble]

坐骨神経痛は産後に出易い

坐骨神経痛の中でも、産後の影響を受け易いのは梨状筋症候群です。この梨状筋症候群は、お尻にある梨状筋と言う筋肉が坐骨神経を圧迫している病態です。

骨盤が開くと、この梨状筋に大きな負担がかかります。その結果、筋肉が太くなって坐骨神経を圧迫してしまいます。

腰痛から坐骨神経痛に?

【坐骨神経痛=腰が悪い】と言う誤解が1人歩きしていますが、あくまで併発する確立が高いだけです。腰痛と坐骨神経痛が同じ原因であったり、ヘルニアなどの腰の病変から坐骨神経痛が起こるのです。産後の状態は反り腰なので、確かに腰痛のリスクが高いです。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”6.png” name=””]治すにはどうしたら良いですか? [/speech_bubble]

坐骨神経痛の治療をするなら

「今あなたのおカラダに何が起こっているのか?」それにあわせた治療法が必要になります。ネットに転がっている知識では、間違えるコトも多く悪化する危険すらあります坐骨神経痛を治療するなら、専門家の元で確実に治してください。

産後の坐骨神経痛なら

産後のおカラダは特殊で通常とは違います。産後のおカラダに慣れている先生でないと、思わぬトラブル(事故)に会うリスクがあります。産後骨盤矯正を行なっていたり、産後のケアについても行なっている院を選ばれるのが良いです。

よく誤解されるのですが、産後骨盤矯正と骨盤矯正は違います。通常の骨盤矯正を行なうと、一生腰痛に悩まされるコトになる危険もあります。坐骨神経痛の専門家だけでなく、産後の専門家という要素も考えた方が良いです。

[blogcard url=”https://yasuraguseitai.com/blog/choice/”]

ABOUT ME
藤田 泰仁
兵庫県西宮市にて泰楽整体院を運営。 肩こり・腰痛・頭痛に限らず、様々な問題を解決しています。 オンライン講座の配信など、全国に向けて健康を発信しています。
【阪神西宮】腰痛を改善したいなら

阪神西宮駅近くの泰楽(やすらぐ)整体院

症状の原因である、生活習慣の動きから正し
平均4回で症状に悩まされない生活を取り戻せます