坐骨神経痛?おしりだけ痛むのはなぜ?

お尻だけ痛いんですけど、坐骨神経痛ですか?
坐骨神経痛かも知れませんが、上殿神経痛と言うのも考えられます

坐骨神経痛とは

坐骨神経

坐骨神経痛は、坐骨神経と言う神経に問題がおき シビレ感・神経痛などを出している症状です。

《よく誤解されていること》
①病名ではなく、症状名である
②足の動かし辛さなどは含まれない

「病院で坐骨神経痛と診断された」と言いますが、坐骨神経痛は症状名なので正しくありません。「頭痛って診断された」と言っているのと同じです。

坐骨神経痛の症状に、足の動き辛さ(運動麻痺)も言われます。コレも坐骨神経痛は、あくまで神経痛なので運動麻痺は含まれません。坐骨神経障害と言うべき物です。

坐骨神経痛でおしりだけ痛む

坐骨神経痛に限らず神経障害は、障害された所から先に症状が出てきます
背骨から各神経は出ていますので、腰骨で障害されると腰から足先までに症状が出ます。
お尻で傷害されると、お尻から下に症状が出ます。

坐骨神経は、何万本もの神経繊維の束です。傷害されたのが、モモウラの神経線維ならモモウラだけに症状が出る。この様なコトもあり、同じ坐骨神経痛でもシビレや痛みの範囲が1人1人違います

坐骨神経痛以外には?

上殿皮神経障害でおしりに痛み

上殿皮神経障害と言う物があります。この神経障害は、おしりの上側に神経痛やシビレ感を起こす物です。
坐骨神経痛もおしりにシビレや神経痛を起こします。なので症状が似ているコトもあり、誤診され易い疾患とも言えます。
もし坐骨神経痛の治療を受けてて、良くならないのならコチラの上殿皮神経障害の可能性も考えた方が良いです。

上殿神経と上殿皮神経は違う

よく間違われるのですが、上殿神経と上殿皮神経は全く違う物です。名前も似ていますし、支配している範囲も似ているのでよく間違われます。

上殿神経は、運動神経で梨状筋の上から出てきます。
上殿皮神経は、感覚神経で胸腰腱膜から出てきます。

どっちか見分けるには、どうしたら良いですか?

坐骨神経痛か?上殿神経障害か?

見極めるポイントは、出ている症状の場所が梨状筋より上か下かです。この梨状筋の場所は、おしりの真ん中くらいと思ってください。

梨状筋より上に症状が出ているのなら、上殿皮神経障害の可能性が高く
梨状筋より下に症状が出ているのなら、坐骨神経痛の可能性が高くなります。

そもそも筋肉の疲労だけかも知れません

お尻は疲れやすい

お尻の筋肉は、疲れやすい筋肉でもあります。人間は立って生活をしますので、よくお尻の筋肉は使われます。しかし、運動不足のせいで大きくは動かさないので固まり易いです。
この2つの問題から、お尻の筋肉が疲れて感覚が鈍くなったり鈍痛を出したりします。

 

お尻が痛い時の対処法

上殿神経痛・坐骨神経痛(梨状筋症候群)・筋肉疲労 どの場合でも、股関節の筋肉をほぐすのがおすすめです。特に影響を与えている梨状筋のストレッチとして、足を捻るストレッチが良いです。参考に以下のリンクをお使いください。




腰痛にお困りの阪神西宮駅に来れる方へ

泰楽(やすらぐ)整体院は、阪神西宮駅から徒歩4分にある整体院です。

姿勢などの骨格だけでなく、動きを専門的に直すMFアプローチで様々な症状にアプローチします。

詳しくは【下の画像】をクリックして詳細をご確認ください。


慢性腰痛に整体がおすすめな理由



    関連記事

    1. 骨盤矯正は男性に必要!!

    2. ぎっくり腰は整体院に行くべき?

    3. 坐骨神経痛は〇〇を温める

    4. 坐骨神経痛

      坐骨神経痛が産後に起こったら

    5. 【必見】腰痛の人でも楽な座り方

    6. 腰痛改善ストレッチ!安全に行なう方法

    Facebook

    PAGE TOP