歩くと痛い坐骨神経痛にはどうすれば良い?

腰痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛

坐骨神経は腰から出てきて、お尻・モモウラ・膝下にかけて支配する神経です。感覚神経も運動神経も含まれますので、障害されるとシビレ感や痛みや脱力感などが現れます

この坐骨神経の途中で、何かから圧迫を受けたり損傷すると坐骨神経痛という形で現れます。

よくある原因に【椎間板ヘルニア】【脊柱管狭窄症】【梨状筋症候群】などあります。

歩くと痛いのは脊柱管狭窄症

坐骨神経痛は様々な原因から起こります。よく腰痛と一緒に現れるので、「腰に原因がある」と思われがちですが必ずしもそうとは限りません。

あくまで坐骨神経が傷害されて起こる物なので、お尻など他の場所が原因のケースがあります。
坐骨神経痛でおしりだけ痛む場合

間欠性跛行

歩くと痛みが出て、休むと歩ける様になるのは間欠性跛行と言う症状です。
この原因は歩いている時に、神経が少しずつダメージを受けていきます。そのダメージが溜まると痛みが現れてきます。
少し休むと神経への刺激が止まりますので、少しずつ回復して痛みが治まります。

この歩くと痛い坐骨神経痛である間欠性跛行の場合は、脊柱管狭窄症を真っ先に疑います

治療はできるのか?

脊柱管狭窄症は脊柱つまり背骨の中が狭くなっている病態です。脊柱の中にある靭帯が分厚くなって、神経に刺激を与えてしまっています。

整形外科などでは、腰の負担を減らす為の物理療法(温める・電気)などで対症療法的にしている所が多いです。

脊柱の中の邪魔している物を取り除かないと根本治療にはなりません。その為症状が強い場合などは、手術で分厚くなった靭帯などを摘出します。

姿勢を正すのが必要

では手術をしなければ治らないか?と言われたら、症状を出さない様にはできることもあるとお応えしています。脊柱管狭窄症の場合は、腰が反る体勢になると症状が悪化します。

整体・姿勢矯正で、腰の反りを緩めてあげると、歩くと痛い坐骨神経痛などは抑えれます。もし歩くと痛い坐骨神経痛で、少し休んだら元に戻る状態なら姿勢を正すのも考えてみてください。

まとめ

坐骨神経痛の中でも、歩くと痛い・休むと戻る脊柱管狭窄症の方は姿勢の改善を視野に入れてください。整形外科などでMRI検査を行い、脊柱の中がかなり狭くなっている場合では姿勢だけではどうしようもない時もあります

担当のお医者さんの判断の元、手術が必要ないのなら姿勢の改善や腰の負担を減らす様にしましょう。脊柱管狭窄症の手術はリスクが比較的高い物になります。

セルフケアで維持できる範囲なら、しっかり姿勢を良くして腰の負担量も減らしましょう。

おすすめコンテンツ
坐骨神経痛は〇〇をマッサージ!? 
坐骨神経痛に痛み止め【市販薬】
坐骨神経痛でおしりだけ痛む場合

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧