ストレスでも起こる咳喘息、整体という選択肢はいかが?

咳喘息とは?症状

慢性的に咳が続く気管支の病気です。一般的な喘息と同様、気道(呼吸をするときに空気の通る道)が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、炎症や咳の発作が起こります。アレルギーのある人に多いとされており、アレルギー反応によって、気道が炎症を起こすのが原因の1つです。女性に多い傾向があり、しばしば再発を繰り返します。

 

咳喘息 症状

長期間(最大数年)もの間、空咳が続きます。喘息とは違い、喘鳴(呼吸時に「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」という音が鳴る)や呼吸困難はありません。

夜中や明け方に激しい咳が出る。のどに違和感を伴うこともあります。

咳が激しい場合は、胸の痛みを感じたり、嘔吐、失神する可能性もあります。

誘発因子

咳喘息の症状を出す原因となる物は、以下の通り沢山あります。

・寒暖の差 ・たばこの煙 ・運動 ・飲酒 ・ストレス ・ハウスダスト

 

病院での処法

咳喘息を放置すると、喘息に移行してしまうことがあります。そうなる前に正しい治療をする必要があります。咳が続いているのは風邪が長引いているせいと判断し、風邪薬や抗生物質を用いても、咳喘息の場合はほとんど効果がありません。原因が気管支が狭い事なので、関係のない処方になります。

咳喘息の治療には、気管支拡張薬(気管支を拡張させて空気の通り道を広げる薬)や吸入・経口のステロイド薬を使います。症状が良くなったからといってすぐに治療を止めてしまうと再発することがあるので、数カ月間は続けます。

咳喘息に成らない為に

◆風邪やインフルエンザにならない

風邪やインフルエンザかかると、気管支の粘膜が炎症を起こします。その結果、気道が収縮して咳喘息が起こります。風邪になりかけたら直ぐに対応しましょう。

◆タバコとは距離をおく

タバコの煙は気管支を刺激し、咳の回数を増やします。特に副流煙は、咳喘息を悪化させる原因になります。家庭や職場など、周りの人にも分煙をしてもらいましょう。

◆飲酒を控える

アルコールを控えましょう。アルコールは体内で、アセトアルデヒドという物質になります。アセトアルデヒドは気道を収縮させて咳を起こしやすくします。たしなむ程度にし、1回で飲む量は抑えましょう。

◆アレルギーを起こさない環境をつくる

咳喘息の患者さんにとって、アレルギーを引き起こす原因の排除は不可欠です。住居や職場は清潔にしましょう。またアレルギーのある方は、アレルゲンから距離をおきましょう。

◆気温の変化に気をつける

急激な気温の変化は、咳喘息の発作を招きます。エアコンを使う場合は、室外との温度差を大きくしない様にしてください。

◆咳喘息の為にストレス管理

ストレスも、気道を過敏にさせる要因となります。ストレスの原因となる過労を避け、睡眠や休養を十分にとることが大切です。ストレスについては【自律神経失調症の原因 ストレスとは?】をご参考に対策をして下さい。

◆食生活に注意する

交感神経・副交感神経に刺激の入る辛い物などは避けましょう。またバランスが悪かったり、添加物などが有る場合も負担になります。

咳喘息は整体で治るのか?

整体院では「治る」と表現できないのですが、症状の消失や改善はよく診られます。また整体院は整体などの手技だけでなく、生活のアドバイスも受けれます。

咳喘息を改善する整体

アプローチ方法は2つあります。

①自律神経を整える

咳喘息は気管支の狭さが原因となります。自律神経の副交感神経が強まると気管支が狭くなり、咳が出やすくなります。具体例では、「寝る時」「睡眠中」「寝起き」に症状が出やすいのは、コレが原因とされています。

この副交感神経自体は弱めると眠りが浅くなりますので、おすすめしません。しかし、交感神経とのギャップが減る事でも負担を減らす事ができます。そこで登場するのが自律神経を調節する手技。カイロプラクティックやオステオパシーです。


②胸郭を上げる

胸郭とは肺を包んでいる肋骨と胸骨(胸の骨)と胸椎(背骨)で作られているカゴです。このカゴが潰れる事で、肺(気管支)が圧迫される事になります。具体例は、寝転がってる時に上に乗られると呼吸がし辛くなる窒息ゲームと同じです。

胸郭が下制(小さくなる)のは、普段の呼吸の浅さやお腹の筋肉・腹膜の緊張からもきます。整体で呼吸筋の調節を行います。セルフケアとして【使い分けると効果絶大!呼吸法3種と改善法】【DFL 全身を悪くする筋膜連鎖とは (アナトミートレイン)】をご参考下さい。

 

鎖骨式呼吸法

 

 

まとめ

 

咳喘息は風邪が終わったはずなのに、あるいは風邪をひいてないのに咳が続く物です。呼吸器内科をまず受診する事をおすすめします。病院で処方された内容を守っても改善されなかった場合に、整体院などで違うアプローチをすると良いです。

当院は整体院ですので、咳喘息の方が来ることが少ないです。それでも今まで、6人咳喘息のご相談があり、6人全員が施術後3日で症状が無くなっています。なかなか咳が治まらない方は、一度整体院も試されてはいかがでしょうか?

 

おすすめコンテンツ

姿勢の改善バイブル!【保存版】

緊張型頭痛、めまい、吐き気を改善するには

【姿勢を正すと全身に効果が!?内臓にまで影響する理由とは】

 

西宮で姿勢改善に定評のある整体院

当院は西宮で姿勢を正す事にも定評があります。姿勢が悪くなるのは、普段の生活のクセから来ているのはあなたもご存知のはず。泰楽整体院は「生活を変える整体院」です。あなたの日常動作を無意識に良い物に変える為に運動学習をメインにしています。

運動学習とは脳の疾患などで、身体の動かし方を忘れた方に体を動かせる様に教えるリハビリの手法です。コレを普段の生活で崩れてしまった、日常生活の悪いクセの修正にもちいります。

整形外科で脳の疾患のある人のリハビリを担当してきた院長が姿勢の悪い人の為に開発した方法です。西宮市周辺で姿勢を正す整体院をお探しの方は、是非一度お試し下さい。整体して終わりではない、確かな実績があります。【西宮で姿勢を正すなら泰楽整体院】




整体にご興味のある阪神西宮駅に来れる【大阪~神戸にお住まいの方】

泰楽(やすらぐ)整体院は、阪神西宮駅から徒歩4分にある整体院です。

姿勢などの骨格だけでなく、動きを専門的に直すMFアプローチで様々な症状にアプローチします。

詳しくは【下の画像】をクリックして詳細をご確認ください。




    関連記事

    1. 当院の整体について

    2. 姿勢を良くするストレッチポールの使い方4選

    3. 【マッサージ・整体】理想の頻度は?

    4. マッサージにダイエット効果が!?

    5. 五十肩はマッサージ屋で治る?

    6. 整体とは?整体院に行って効果はあるの?

    Facebook

    PAGE TOP