緊張型頭痛は冷やす?暖める?

頭痛の対処法として、「冷やした方が良い」「温めた方が良い」どちらもよく聞くと思います。「今のこの頭痛は、どっちをしたら良いのだろう?」「どんな風にしたら良いんだろう?」疑問に思った事は有りませんか?頭痛の種類によっては、逆効果にもなりえますので判断が大事です。

目次

頭痛にも種類がある

頭痛と言っても種類や原因がたくさんあります。慢性頭痛でよく言われるのは3種類です。原因や発症までのメカニズムがバラバラなので、確認しておく必要が有ります。

後頭部・こめかみ 頭痛の場所別解消法


緊張型頭痛

頭痛の90%を占めると言われています。数分~数日間に渡って「頭が締め付けられる」様な痛みが続きます。重だるさや肩こりが出やすく、めまい・吐き気などの合併症も見られます。

原因は姿勢やストレスと言われており、【肩・首の筋肉がこる➡血流悪くなる➡代謝産物が溜まる➡頭痛】と言うプロセスを経ています。首や肩のストレッチで改善される事も多いです。

更に詳しくは【緊張型頭痛・めまい・吐き気を改善するには


緊張型頭痛については

緊張型頭痛の治し方は、ストレッチが良い

緊張型頭痛はコーヒーで悪化する!?

緊張型頭痛を予防する食べ物


片頭痛

こめかみ部分や頭の中で、血管(動脈)が広がった際に神経に触れて痛みます。血管の太さに影響されますので、脈と同じリズムでズキズキします。(心臓から距離があるので、拍動よりも1テンポ遅れる)片方のこめかみに症状が出る事が多いので【片】頭痛と呼ばれています。実際は両方に出たり、頭の中でも出ます。


群発性頭痛

片方の目の奥に激痛が走ります。眼の奥の血管が片頭痛と同じ様に、血管が広がった事による神経への刺激が原因とされています。ただし未だに原因は特定されている訳でなく、仮説に近い物だそうです。



まとめますと、こんな感じです。

片頭痛 緊張型頭痛 群発性頭痛 比較表


コレに加えて、緊張型頭痛と偏頭痛の混ざった【混合型頭痛】があります。こうなるとかなり、やっかいに成ってきます。【偏頭痛+緊張型頭痛=混合型頭痛】 

冷やすか暖めるか?頭痛に良い理由

頭痛は冷やすと良い理由

冷やす効果は2つあります。


血管を収縮させる

身体が冷えると内臓を守る為に、手足先から血流を減らしていきます。また冷やされている部分の血流を減らして、全身の体温を奪われない様にします。血管拡張性の片頭痛や群発性頭痛は、血管の太さが原因です。血管を縮める事で痛みの原因を取り除きます


神経伝達の弱化

神経は冷やされると働きが悪くなります。痛みも感覚神経から脳に送られる物ですので、神経の働き自体を弱める事で鎮痛作用があります。腰痛などで聞くブロック注射は、感覚神経から脳に行く途中でブロック(伝達を止める)という原理です。


頭痛は暖めると良い理由

「頭痛は温めると良い」と言うよりは、「頭痛の原因は温めた方が改善される」と言った方が良いです。


血流増加

身体を温めると血流が上がります。緊張型頭痛の様に血流の悪さから来ている頭痛には効果的です。また温めると組織液の動きも良くなり、筋肉が動き易くなります。筋肉が動く事で、肩こり自体を解消する手伝いにもなります。


各頭痛の温め方・冷やし方

温める理由と冷やす理由が分かった所で、それぞれの慢性頭痛にはどうすれば良いのでしょうか?緊張型頭痛・片頭痛・後頭下神経痛・群発性頭痛それぞれの冷やし方・温め方とは


緊張型頭痛は暖める

肩こり・首こりによる血流の悪さが原因とされています。血流を増やすには温めた方が良いです。また動かす事も、血流を良くする事になりますので積極的に動く様にしましょう。

痛みの出ている後頭部や側頭部は、温めても効果があまりありません。あくまで肩・首に問題がありますので、肩や首を温める様にしましょう

冬場ならマフラーをする様にしたり、夏場もクーラーの風が当たらない様にタオルで肩を覆うだけでも効果が出ます。少し前に流行った半身浴は、全身の血流を良くしますが緊張型頭痛の場合気をつけないといけません。半身浴をすると肩が冷えるって知ってましたか?正しく半身浴をする場合は、浴室の室温を高くしなければなりません。体感上は半身浴のおかげで温まってます。しかし、肩などの湯船から出てる部分は逆に冷えています。湯船に浸かる時は、タオルにお湯を吸わせて肩に乗せるなどして温めてあげましょう。


緊張型頭痛は冷やす は間違い?

繰り返しになりますが、冷やさないで下さい。実は緊張型頭痛も冷やすと良い部分もあります。ただし、その判断や場所の細かさからご自身ではしない方が良いです。冷やす部位は、後頭部の付け根です。緊張型頭痛による痛みの沈静と、炎症を抑える効果が期待できます。

片頭痛は冷やす

血管の太さが原因の片頭痛は冷やして、血管を収縮させる事で神経刺激を減らします。頭に向かう動脈は2パターンあり、頚の前側にある頸動脈と背骨の中を通る椎骨動脈です。

冷やす際は首の前側を冷やして下さい。後ろ側にある椎骨動脈は背骨の中にあります。皮膚から冷やしても、あまり到達してくれません。首の前側にある頸動脈は、皮膚に近いので冷やしたら直ぐに効果が出ます。

こめかみ付近の片頭痛の場合は、直接冷やした方が早いのでアイスノンなどで直接冷やしましょう。血管の圧力を減らす為に、頭の位置を高くする事で更に効果を上げれます。シンドイからと下向くと悪化します。


群発性頭痛は冷やす

血管の太さが原因の群発性頭痛は冷やして、血管を収縮させる事で神経刺激を減らします。ただし、あくまで仮説レベルなのと冷やしても効果が出ないケースが多く報告されています。神経の鎮痛の為の冷やし方の場合は、かなり冷やし切らないといけないので眼だけでなく、こめかみ周囲まで広く冷やしましょう。


まとめ

頭痛によって原因が違います。原因を把握せずに対処すると逆効果になってしまいます。特に緊張型頭痛と他の頭痛では対処法が正反対ですので、症状の悪化の危険があります。上記の頭痛3種の比較表から、ご自身の頭痛が何なのか確認した方が良いです。またそれでも、症状の改善が見られない場合や急性の物は病院に行き診察を受ける事をおすすめします。


病院でも鎮痛剤などのお薬の処方がメインになっています。病院に行く時間のない人は【緊張型頭痛・めまいのおすすめ治療薬】を参考にして下さい。市販薬の場合は頭痛の種類にあまり影響を受けませんので、ご自身に合う物を薬剤師さんと相談しながら購入しましょう。

頭痛全般に言われる事がストレスによる自律神経失調症です。【自律神経失調症の原因 ストレスとは?】を参考にして頂き、ストレスへの対策をするのも根本治療に繋がりますので試して下さい。



院長 藤田 泰仁

院長 藤田 泰仁

阪神西宮駅から4分 泰楽整体院院長 整形外科・鍼灸整骨院で様々な施術経験を積む 【保有資格】 ・国家資格 柔道整復師 ・NESTAJAPAN メンタルフィットネストレーナー ・日本酵素・水素医療美容学会 ファスティングカウンセラー 健康に関する情報を発信し、みなさまの健康のサポートをさせて頂きます


西宮でボディケアなら

阪神西宮駅から3分
当院では、おカラダを癒すボディケアのコースもご準備しています。
「初めてのお店で良いか分からない」と不安な方の為に、初回のみ近隣最安値で受けて頂けます。
ご興味のある方は、画像をクリック。

西宮 おすすめ マッサージ
※伝わり易い様にマッサージとの文言を使用しています。しかし按摩指圧師では有りませんので、あくまで慰安の揉み解しと思ってください。

この内容で送信します。よろしいですか?