肩こりのマッサージについて

肩こりマッサージ

肩こりがシンドくてマッサージに行く人も多いのではないでしょうか?肩こりでマッサージする時に、肩だけ揉んでもなかなかほぐれません。意外に思われるかも知れませんが、足や背中などを先にほぐした方が肩もほぐれやすくなります。
人間のおカラダは全身が繋がっています。経絡やセン、アナトミートレインなど様々な理論があります。

肩こりに関わる場所

足の小指の爪が短いと肩がこるって知っていましたか?他にもたくさん繋がりが有りますが、影響力の大きい所は

・腕や手

・胸

・背骨の位置(猫背など)

・お腹

肩に近い上半身が影響力が大きいですが、それを改善するのに足などの下半身も大切になってきます。

肩こりも全身のマッサージを

「肩こりがシンドイから30分上半身だけ」と言うよりは、60分使って全身ほぐした方が肩にとって良いです。むりやり肩をほぐすと、揉み返しや感覚が鈍くなるなどの問題が出てきます。全身をほぐすことで、自然と肩周りがほぐれ易い環境にしてあげると良いでしょう。

また肩こりの原因になるのが、全身にありますので実は効果の持続時間も長くなりコスト的にもよくなります。

肩こりで大切なのは肩甲骨

肩こりの直接的な原因は、肩甲骨の動きの悪さです。肩こりと呼ばれるのは、肩甲骨を持ち上げる筋肉が硬くなるコトを指します。この肩甲骨を持ち上げる筋肉が硬くなる原因は様々なのですが、問題は肩甲骨が上がったままで固まっているコトです。

筋肉は動かし過ぎよりも、動かさな過ぎの方がカラダに悪いです。筋肉が動かないので、血流も悪くなりますし、その場所で固まってしまいます。固まると動きが悪くなり、血流が乏しいので鈍い痛みやダルさがでます。

肩こりの改善を目指すなら、肩甲骨を下げれる状態を作り出すコトが大切になります。

ワキをマッサージ

ワキの筋肉は、腕を捻る時に使う物がほとんどです。腕を捻る動きって普段していますか?生活の中ではほとんどしないので、硬くなりやすく筋力も落ちてしまいガチです。

この腕を捻る力が落ちた結果、五十肩になる人も多いです。

【詳しくは:五十肩はマッサージ屋で治る?

ワキには広背筋と言う大きな筋肉があります。この筋肉は肩甲骨を下げる力があるのですが、硬くなると肩甲骨を持ち上げる筋肉と引っ張り合いをします。

結果として、ヒドイ肩こりと肩甲骨周り全体の硬さにも繋がります。

胸をマッサージ

胸と肩の関係性を考える時に、巻き肩から見ると関係性が分かり易いです。猫背・巻き肩姿勢が肩こりの原因になるのは有名ですね。

胸の筋肉が硬いと、肩を前に引っ張ってしまうので巻き肩になります。巻き肩は猫背にならないとできないので、猫背にも成ってしまいます。

 

巻き肩でなぜ肩こりになるのか?肩を前に出そうとすると、実は上にも持ち上がっているのです。上に持ち上がる=肩甲骨を持ち上げる この状態で固まるので肩こりになっていきます。

肩甲骨と背骨の間をマッサージ

肩こりなどの筋肉のシンドさは、同じところで力が入って固まった状態が多いです。肩甲骨と背骨の間は、胸の筋肉のせいで巻き肩になり引っ張られて力が入る形になります。

こり固まった物と言うよりも、疲れきった状態と思った方が近いと思います。ここも肩こり持ちの方がシンドくなり易い場所ですが

ここだけマッサージをすると後々悪化します。その時は楽になるのは間違いないのですが。

こり固まった物でなく、引っ張られている物なのでほぐすと伸びすぎます。伸びていくと筋力が下がり、胸の筋肉に余計に引っ張られるコトになり、巻き肩・猫背が悪化していきます。

この肩甲骨と背骨の間をマッサージする時は、必ず胸の筋肉も入念にほぐしておきましょう。

首から肩をマッサージ

肩こりでシンドイ部分と言うのが、この首から肩にかけてのラインです。肩こりと呼ばれるのは、僧帽筋と肩甲挙筋がメインになってきます。

この2つの筋肉は、肩甲骨から首(後頭部の下)まで繋がっている物です。

肩をほぐすだけでも楽にはなるのですが、筋肉は繊維の集合体なので首の近くもほぐすとより楽になります。

気をつけないといけないのは、首は事故が起こりやすい場所なので気を付けるコト。シンドイからとガツガツマッサージされると、揉み返しで済めば良いのですが神経を痛めるコトもあります。

ベテランで技術の高い人でない限りは、弱めでマッサージして貰う様にしてください。

肩こりと猫背の関係

「猫背だと肩こりになりやすい」これも有名な話だと思います。なぜ猫背に成ると肩こりになるかと言いますと、肩甲骨から見ると分かり易いです。胸のマッサージの所では、【胸の筋肉が硬くなる⇒巻き肩⇒猫背】と言うお話をしました。

猫背視点で見ると、【猫背になる⇒背骨が後ろに行く⇒巻き肩】になるコトになります。「同じじゃないの?」と思われると思いますが、原因が猫背なのか?胸の筋肉なのか?と言う違いが出ています。

原因が変われば対処法も変わります。「胸の筋肉を伸ばす」「姿勢をよくする」では違う流れになります。

巻き肩で肩こりに

巻き肩になると肩甲骨が上がると説明しました。これがなぜ起こるかと言いますと、巻き肩つまり肩甲骨が前に行くのに1つ問題があるからです。胸郭(肋骨)が前にあるので、そのまま前に肩甲骨を動かすコトができません。

この肋骨を避けるには、横に逃げる上に逃げるかになります。上に逃げる分が、肩甲骨を上に持ち上げる形になってしまうのです。

肩甲骨が上に持ち上がった状態で固まると、肩こりと言う形になって痛みやダルさという形になります。

姿勢を正すと肩こりに良い

姿勢が悪いと肩こりになるのは、こういった猫背からの影響をみての話なのです。実際は他の形からの肩こりの原因にも姿勢が関わっています。

肩こりでどんなにマッサージを受けても良くなりません。ほとんどが一時しのぎになります。整体などでカラダを整えない限り、肩こり⇒マッサージ⇒肩こりの繰り返しです。しかも少しずつ悪くなりながら。

肩こりを改善するなら、まずは猫背やストレートネックなどの姿勢の悪さを正す所から始めましょう。姿勢が良くなると、肩甲骨を動かせる範囲が広がります。そこで初めて、肩甲骨の正しい動かし方を身に付けて肩こりしないカラダにします。

肩こりでも脚をマッサージ

全身の筋肉は繋がっています。足の小指の爪が短いだけでも肩こりになります。それだけ人間のカラダは、全身で影響しあっているのです。【脚のマッサージ】でもお伝えしてますが、下半身の外側はラテラルラインと言う繋がりで肩に関係してきます。

他にも骨格のズレなどの形で、他の全身の繋がりアナトミートレインが脚から肩こりに影響を与えています。

脚は人間のカラダの中でも、負担が大きく筋肉が大きい場所になります。肩こりで肩がシンドイからこそ、脚などの下半身もしっかりほぐすコトをおすすめします。

阪神西宮でマッサージ

整体やマッサージでおカラダを預ける以上、そのお店が「本当に良いのか?」心配だと思います。

実際に行って確かめるのが一番なのですが、その最初の1歩が難しいですよね?そこで当院の特徴をお伝えしようと思います。

阪神西宮でマッサージ受けるなら泰楽整体院がおすすめ

①実績のある施術者

国家資格柔道整復師を始め、カラダに関する資格を取得しています。整形外科・鍼灸整骨院で実費でのカラダのケアをしてきました。マッサージ店2店で店長業務に就き、スタッフに技術指導も行なっていました。歴代指名件数1位を獲得するなど結果も残してきました。

②完全個室

周りの音や人を気にしなくても良い様に完全個室で行ないます。ベッドやアメニティにも気を使い、「あったらいいな」を集めました。最後にお出しするお水は、出来立ての水素水です。揉み返し予防やデトックスにもおすすめです。

③物腰が柔らかい

整体院ですので、怖い・職人気質な先生を想像される方も多いと思います。私は飲食店などで接客業もしてきましたので、職人気質でぶっきらぼうな人ではありません。先生よりも、藤田さんと呼ばれる様に近しい感覚であろうとしています。

 

詳しく当院のマッサージを知りたい方はコチラ【西宮でマッサージを受けるなら

西宮市の泰楽整体院 各メニューについて




阪神西宮駅から4分 店舗情報

営業時間 11:00~23:30(受付終了21:00)

定休日 火曜日 + 不定休

所在地 兵庫県西宮市戸田町3-29西宮スカイビル301号室

電話番号 0798-31-5312