西宮 腰痛

腰痛に困らない生活したくないですか?

慢性腰痛の原因は、姿勢と動きのクセ
正しい動きを身に付ける【運動学習】で

腰痛に悩まされない生活を手に入れませんか?

【初回限定】2980円でお試し頂けます

お悩みですか?

① 座っていて腰が辛い

② 歩いてると腰が辛くなる

③ 上向きで寝ると腰が痛い

④ 動き始めに腰痛が来る

⑤ ぎっくり腰を繰り返している

腰痛 女性

今まで受けてきた腰痛の治療で、カラダの動きを直す物はありましたか?

画像の女性は、反り腰(腰が反り過ぎている)せいで腰痛になっていました
たった1回の施術でココまで変わるのが、動きから変える施術です

カラダの動かし方を正すので、再発がし辛く即効性もあります

腰痛を良くする為に、専門的に動きを直したコトがない方は
1度お試し下さい

生活が変わる

① 長時間座っていても平気

正しい座り方が身に付くので、腰の負担が減り長時間座っても平気に

② 軽やかに歩ける

腰や骨盤の動きが改善されるので、腰痛もなくスタスタ歩ける様に

③ 上向きで寝ても平気

動きを直す過程で、反り腰も直ります。腰が落ち着くので上向きで寝転がっても平気に

④ 動き始めが辛くない

座った状態での負担が減るので、急に立ち上がっても腰痛が出ない

⑤ ぎっくり腰とは無縁に

ぎっくり腰の原因は、腰骨の位置が悪い・動かし方が悪いから
骨格も動きも直す【運動学習】なら、この2つを直せます

思い

整形外科で自費診療を任され
患者さんの生活を良くする為に研究してきました

そこで行き着いたのが【動き】を直すコトです

 

慢性症状の原因が
普段のクセや姿勢だと皆さん知っています
姿勢が崩れるのも、普段のクセからだと知っています

クセが直らない限り、一生再発を繰り返します

 

私自身がヘルニアを腰に2つ持ち
腰痛に悩まされていました
腰痛のせいで、生活がどんなに不便になるか知っています

腰痛に悩まされる生活を過ごさないで良い
この事実を知って頂きたいのです

 

私は動きを正すコトで、腰痛も肩こりも無縁の生活になりました

腰痛に悩まされない生活を送る方を増やしたい
あなたにもそうなって頂きたいです

腰痛 専門家

● 院長 藤田 泰仁

【資格・経歴】
◆ 国家資格 柔道整復師 
◆ NESTA JAPAN MFT
◆ 日本酵素・水素医療美容学会 FC 
〇 整形外科・鍼灸整骨院勤務

料金

腰痛整体

整体60分 8000円   
整体45分 6000円ですが

「本当に腰痛が良くなるのか?」
試して頂く為に
【初回限定】2980円にしました

お力に成れるかお試し下さい

「最初安くしておいて、回数券買わせるんでしょ?」
いろんな整体院を試されたなら不安だと思います

 

当院は最大限の結果を目指しています
その中には、通う頻度・回数を最低限にするコトも含まれます

回数券を販売した時点で
「その回数は治さない!」と宣言する様な
恥さらしだと思っています


初回を格安にするのは
その様な悪徳治療院に行って欲しくないからです

もし当院に来て実感できなければ
今後ご縁がなくて当然だと思っております

ご安心して、あなたの力に成れるか?お試し下さい

ご予約はコチラ

◆ 営業時間 

11:00~23:30
(受付終了 21:00)
不定休

◆ 所在地  

西宮市戸田町3-29
西宮スカイビル301

阪神西宮駅

阪神西宮駅 市役所口をファミリーマート側から出ます。

川沿い

川沿いに真っ直ぐ歩き、交差点を2つ越えます。

公園

左手に公園が見えましたら、右手に当院のビルがあります。

西宮スカイビル

1階が【寿司ジャンボ並木】さんのビル3階に当院はあります

腰痛整体への質問

何回で腰痛は治りますか?

個人差がありますので、1回目来られた時に目安をお伝えしています。通常の慢性腰痛症の場合は、平均3回で生活に困らない程度になります。

それ以降は、お仕事が忙しかったなどの1時的な疲れによる腰痛が出たら、メンテナンス用のボディケアコースをおすすめしております。

通う頻度はどれくらい?

2回目・3回目は2週間おきになります。個人差がありますが、4回目は1ヵ月後などを目安とお考えになられて大丈夫です。

初回で治る方や2回目で治る方も居ますので、あくまで目安となります。

腰痛は治らないでしょ?

慢性腰痛症の原因は【動きのクセ】による部分が大きいです。人間は動きを無意識で行なえる様にできます。適切な順序を守れば、腰痛の出ない動きのクセを身に付けるコトはできます。

※病気や大きなケガの後遺症がない限り

腰痛は再発しませんか?

0ではありません。ですが、当院の施術はあくまで【正しい動き方】を身に付ける物です。ご自身で正しい動き方を行なえる様になりますので、腰痛が出てもご自身で対処できる様になります

西宮から腰痛情報

腰痛の種類

腰痛の原因

腰痛と言っても急性の腰痛症と、慢性の腰痛症でも様々な種類があります。それぞれに原因が別々にありますので、有名所のみまとめますと

急性腰痛・ぎっくり腰

急性腰痛と言えば「ぎっくり腰」です。実は非観血性(血が出ない)の急性腰痛は全てぎっくり腰です。ぎっくり腰自体は通称で、疾患名(病名)ではありません。ヘルニアも腰椎分離症もぎっくり腰です。そんなぎっくり腰も病名に近いものはありますので、後ほどご紹介します。

腰部椎間板ヘルニア

慢性にもなりますが、急性にもかかりますのでご紹介します。ヘルニアとは「出てきている」と言う意味でして、腰部椎間板ヘルニアは「腰の椎間板が出てきているよ」と言う疾患です。椎間板は背骨と背骨の間のクッション剤の様な物です。この椎間板は、硬いゴムボールの中にゲルが入っている様な物です。この椎間板が何らかの問題によって、へしゃげてしまった物と中のゲルが出た物とに分かれます。(細かく見ると出具合で名称変わります)

ヘルニアの原因

1番言われるのが垂直方向への力の影響。つまり立ってる時や着地の時に力が掛かりすぎて、ヘルニアになると言う物

次に姿勢の影響も大きいとされています。腰部椎間板は、厳密に言えば楔型(斜め)の形をしています。フラットバックと言う悪い姿勢は、腰骨が前に少し反らないといけないのに反っていない状態の人を指します。このフラットバックになりますと、楔形の椎間板には後ろ方向への力が掛かってしまいます。

最後に回旋力。身体をねじる力ですが、腰の関節は本来、ねじれる様に出来ていません。椎間板も同じ様に捻る要に出来ていないので、潰れ易いです。

まとめますと、腰を捻った状態でジャンプから着地するのが最悪なのです。だから、バスケ選手にはヘルニアが多いんですね。

腰椎分離症・すべり症

腰骨(腰椎)は椎体と椎弓に分かれます。指輪をイメージして頂いて、ダイヤが椎体・リングが椎弓です。この指輪が割れた状態が分離症。ダイヤの部分が取れたら、すべり症と思っていただいたら大体は合っています。

 

筋筋膜性腰痛症

世間一般に言う「ぎっくり腰」はこの疾患名が多いです。簡単に言いますと、ぎっくり腰=肉離れです。ただし、場所が腰なので負担が大きく痛みも強く出易いです。酷い物は立てるのに3日、なんとか歩けるのに7日、なんとか生活できるのに10日、完治に14日と言うのが目安になります。原因は肉離れと同じですから、力んでいるタイミングで逆方向に力が入った場合です。

慢性腰痛

腰部椎間板ヘルニア

また登場しますが、ヘルニアは再発し易い物です。更に椎間板自体が後方に移動した物で、元の位置に戻らない限り永遠に続きます。その為に慢性腰痛にも入ってきます。ヘルニアは脊柱間にある神経に触れると激痛や、泌尿器障害(お漏らしなど)の形で出てきます。この為手術をする場合がありますが、手術の失敗で半身不随のリスクがありますので敬遠されます。

腰の筋肉疲労

疾患名では有りませんが、ほとんどがこの筋肉の疲労です。筋肉は使っていくと太くなります。太くなると筋肉の中や周りの血管を圧迫して、血流を悪くしてしまいます。その結果として、代謝産物が溜まり化学物質性の痛み(重だるい痛み)になります。

椎間孔症

首では言われますが、腰ではあまり言われません。ただし、当院では「ズキズキする痛み」や反り腰の方はこの椎間孔症を疑います。反り腰が酷くなると、神経の出てくる椎間孔が狭くなります。狭くなった結果、神経を圧迫してしまったのが腰痛と言う形になって出てきます。

腰痛で大事なこと

慢性・急性の腰痛症を特徴のみお伝えしましたが、共通点があるのにお気づきでしょうか?腰骨の状態(姿勢)による影響が大きいと言うことです。反り腰でも、フラットバックでもダメです。ねじれる事があってもダメです。

つまり腰痛の対策・対処方として重要なのは、姿勢と腰の動かし方なのです。

西宮で腰痛改善

阪神西宮駅に近くにあります泰楽整体院は、整体だけでなく運動学習を行っています。腰痛に対して整体で姿勢を良くするのは、重要なことです。ただ不十分なのです。なぜそもそも姿勢が悪くなったか?これを改善しない限り何回でも再発します。

それを無くしてくえるのが運動学習です。姿勢を悪くしてしまう生活動作を無意識に、良い身体の動かし方にして直してくれる物です。受けた事が無い方は一度試されてはいかがでしょうか?

イメージはリハビリやピラティスの様な物です。息切れするほどの運動では有りませんのでご安心下さい。

腰痛の質問

ぎっくり腰に整骨院は?

国家資格を持っている整骨院なら大丈夫か?と聞かれれば、それも考えた方が良いです。国家資格はあくまで、国家試験に受かる程度の知識を持っていた証拠にしかなりません。

意外に思われるかも知れませんが、専門学校では治療の勉強はほとんどしません。その先生がゼミや勉強会・セミナー・独学などで学ぶしかありません。だから、同じ柔道整復師でも技術に大きな差があります。

整骨院を選ぶ基準は

信頼のおける先生が居ない場合は、インターネットで検索されると思います。比較的安全なのは「西宮 ぎっくり腰」などで検索して、上位に上がっている院を何箇所か見比べることです。

それぞれの院のお客様の声や、説明内容から信用ができそうな所を選びましょう。

詳しくは【ぎっくり腰でマッサージ屋に行くのはNG!!

腰痛に骨盤矯正?

骨盤矯正が流行った時に、骨盤周りが痩せる美容整体としての流行り方をしました。その影響で未だにダイエットや美容整体としてのイメージが残っています。ですが、元々はカイロプラティックで用いられていた関節の位置を戻す技術なのです。骨盤矯正については【骨盤矯正受けるなら整体?マッサージ?】にも書いていますが、施術者で全く持ってやり方もレベルも違います。

骨盤全体を調整する所がほとんどです。単純な話で簡単に覚えれて実践に使えるからです。ですが、この場合は本質の改善を行なっていない問題もあります。言ってみれば対症療法に近いやりかたです。「悪くなっている所をなんとかして、自然治癒力で良くなるのにかける」と言ったやり方です。

この骨盤矯正でも腰痛に効果が期待はできますが、再発もし易い物になります。

 

骨盤全体ではなく、仙腸関節の調整を行なえる所は再発もし辛く結果も出易いです。仙腸関節は昔は動かない関節だと思われていましたが、MRIの普及により動く関節だと確認されました。股関節の動きのベースにもなりますし、脚からの衝撃を受け止めるクッションにもなります。この仙腸関節を動かせる状態にする事で、腰の負担を減らし腰痛の原因を無くす事に繋がります。

詳しくは【腰痛には骨盤矯正が効果的!?

腰痛予防の座り方

正しい座り方についてまとめました。(1)~(5)を順番に意識して座りましょう。

① 太ももをそろえて膝をつけ、膝の角度を90度にします

② 椅子に深く座って背中を立てます。お尻と腰の角度は直角にします

③ お腹は、みぞおちを少し背中側にまるめるようにします

④ 顎を引いて頭をまっすぐにします

⑤ 膝関節が股関節よりも高くなるよう調整します

詳しくは【腰痛をマシにする座り方

腰痛にならない立ち方

残念ながら、その時やその人によって変わって行きます。普段から正しい動きを身に付ける事で、腰痛の原因になる立ち方にならない様にするといいです。いざ痛みが始まってきたら、本日ご紹介した内容を試してみて下さい。もっと簡単には、腰のストレッチを作業の合間合間をぬって行なったほうが良いです。

詳しい対処法は【立ち仕事で腰痛もちは、立ち方をこうすれば良い!?

その他、腰痛に良い対処法

阪神西宮で腰痛解消しませんか

※伝わり易い様にマッサージとの文言を使用しています。しかし按摩指圧師では有りませんので、あくまで慰安の揉み解しと思ってください。

この内容で送信します。よろしいですか?